CANlog 3およびCANlog 4
CANおよびLINバス用のデータロガー

CANlog 3およびCaNlog 4の概要

CANlog 3およびCANlog 4は、CAN/LINバスシステムのデータ通信のログを取得します。指定した設定に基づいて、メッセージを受信/保存してから解析することが可能です。

これらのロガーはコンパクトな設計となっており、特に長時間のテスト走行における、車両での使用に実績があります。簡単な操作で、最大64MBのログを記録することが可能です。さらに、さまざまな応用分野(特にゲートウェイとしての用途)で使用可能な柔軟性も備えています。

特長

  • さまざまなログ記録作業のためのスタンドアローンツール
  • スリープモード時の消費電力が少ないため、テスト車両での長時間にわたる使用が可能
  • 必要最小限のログ記録を実現するための、さまざまなフィルター/トリガー条件
  • 設定ソフトウェアを使用した柔軟な設定
  • CANoe、CANalyzer、CANape、vSignalzyerでのオフライン解析により、対象イベントに対する詳細な解析が可能

ギャラリー

画像:CANlog 3およびCANlog 4
CANlog 3およびCANlog 4の概要
画像:CANlog 3およびCANlog 4
CANlog 3およびCANlog 4
画像:CANlog 3およびCANlog 4
CANlog 3
画像:CANlog 3およびCANlog 4
CANlog 4

適用分野

  1. データロガー
    メッセージやシグナルのフィルタリング、受信、記録、さらに送信が可能
     
  2. 分類デバイス
    分類テーブルの作成のために、取得されたログデータを処理、エクスポート用に準備
     
  3. ゲートウェイ
    特定のCANバスに直接接続していないECUがある場合、CANlogをバス間のゲートウェイの代わりとして使用可能

機能

  • CANlog 3とCANlog 4は、それぞれ最大4つのCANチャンネルをサポートします
  • さらに、CANlog 4には測定チャンネルとしても使用可能なCANチャンネルが用意されています
  • アナログ/デジタル入力信号も同時に記録できます
  • データは、CANlog 3では内部メモリー(64MBまで)に、CANlog 4では交換可能なフラッシュカード(64MBまで)に保存されます
  • 設定に応じて、イベントをデジタル出力として表現したり、発光ダイオードによって表示できます
  • 製品に同梱されている設定プログラムを使用すると、さまざまな用途に合わせてカスタマイズすることができます
  • また、CANlogをデータロガー、分類デバイス、ゲートウェイとして使用するための機能も用意されています

I/Oボード

高い柔軟性を求める場合、I/Oボードを使用してこれらのCANlogデバイスを拡張すると、デジタル入出力、アナログ入力、LINインターフェイスを使用することができます。

ボード
特長
D4I4O
デ ジタル入力 x4(0~45V)
デジタル出力 x4(5~45V、500mA)
D4I4O-L D4I4Oに加え、1チャンネルのLINインターフェイス
A6I アナログ入力x6(0~18V、12bit分解能)
4入力はユーザーが使用可能
他2入力は内部にて使用
A6I-L A6Iに加え、1チャンネルのLINインターフェイス
A8ID1 アナログ入力x8(0~18V、12bit分解能)
6入力はユーザーが使用可能
他2入力は内部にて使用
TTL入出力x1
A8ID1-L A8ID1に加え、1チャンネルのLINインターフェイス
LIN adapter 1チャンネルのLINインターフェイス

アクセサリー

このGPSレシーバーを使用すると、車両の位置データも同時にログ記録に追加できます。

主な特長

  • 12チャンネルのGPSレシーバー
  • 1575.42MHz(L1バンド)の周波数を受信
  • 1Hzで測定値を更新(CANgps 5Hzでは5Hzで更新可能)
  • NMEA0183形式のRS232またはCAN経由にてデータを送出
  • 周期時間とCAN識別子の設定が可能
さらに表示

LOGviewを使用すると、ログ記録時にデータや情報をグラフィカルに表示できます。

主な特長

  • LCD表示サイズ: 128×64ピクセル
  • グラフィックWindowサイズ: 59mm×38mm
  • 最大8行×21文字を表示
  • プログラム可能な押しボタン×3
  • 独立した表示ページ×16
  • ズーム可能な2種類のフォント(サイズは合計30種類)
  • グラフィック機能: 直線や四角形などの描画
さらに表示

追加のLINチャンネルを記録する場合は、外付けアダプターLINprobeを利用可能です。さらに、LINフレームも送信できます。

主な特長

  • 2つのLINチャンネルをログに追加記録。機能の異なる以下の製品を利用可能

    • LINprobe R: LINフレームの受信
    • LINprobe X: LINフレームの送受信。送信の場合、LINprobe Xはマスターまたはスレーブとして動作可能
    • LINprobe G: LINフレームの送受信(LINprobe Xと同様)。さらに、CAN/LINゲートウェイ(スタンドアローン)としても使用可能

  • CANでのデータ出力(識別子の調整可能)
  • LINおよびCANのボーレートは可変
  • ロガーは最大4個のLINprobeで拡張可能
  • LINフレームをASCおよびBLF形式でエクスポート
さらに表示

CCP/XCPライセンスを追加することにより、DAQモードでECUから測定データを直接読み取り、記録することができます。このライセンスでは、CCP/XCP on CANを使用可能です。

主な特長

  • CCPバージョン2.1、XCP on CANバージョン1.0
  • CANapeでA2Lファイルを読み込み、ロガー設定用のCCP/XCPをサポートするCANdbを生成
  • 複数ECUのサポート
さらに表示

関連情報

ドキュメント

ファクトシート:

アプリケーションノート (英語版)

  • "How Vector loggers can be used with J1939" (PDF)