VN1530
CANおよびLINのための高性能インターフェイス

VN1530 - CAN/LINネットワークインターフェイス

VN1530CAN/LINネットワークインターフェイスは、PCIe対応ボードによるCANおよびLINネットワークへのアクセスを実現します。

 

CAN (FD)、LIN、K-Line、SENTなどのさまざまなチャンネルを組み合わせることが可能であるため、VN1530およびVN1531はテストベンチ、テストPC、ラックで使用するインターフェイスとして最適です。

機能概要

  •  4つのオンボードチャンネル(VN1530:4xCAN (FD)、VN1531:4xLIN)
  • ピギーバック*の追加により、使用可能なチャンネルを2つ追加
  • LIN2.1用コンフォーマンステストなどに対応する高度なLINストレス機能
  • 複数のデバイスおよびCAN (FD)、LIN、FlexRay、MOST、Ethernetなどの他のバスシステムと同期
  • CANoe、CANalyzer、CANapeのほか、お客様固有のアプリケーションにも最適な性能:

    • 1 00%バス負荷を全チャンネルでサポート
    • 遅延時間の最小化
    • ホストPCの負荷を軽減

* 利用可能なピギーバックのリストについては、以下をご覧ください: https://kb.vector.com/entry/219/

適用分野

  • AECU/センサー/アクチュエーター/ゲートウェイの解析、シミュレーション、テスト
  • 高性能な残りのバスシミュレーション
  • XCPを使用したECUの測定およびキャリブレーション
  • 量産時のテストおよびフラッシュ
  • 通信データの正確な時間解析
  • 多数のCANおよびLINチャンネルに対応
  • お客様固有のアプリケーション用途

機能

CANおよびCAN FDサポート

  • CAN:最大2Mbit/秒
  • CAN FD:最大8Mbit/秒
  • 高速CANフラッシング/CAN Transport Protocol加速

LINサポート

  • CANoeでLIN 2.1用コンフォーマンステストをサポート
  • ドミナント/レセッシブビットの妨害を始めとするストレス機能
  • 最大320Kbit/秒のLINフラッシュモードのサポート

概要

  • K-Lineサポート
  • SENTサポート(CANoe/CANalyzer V12*以降)
  • 1台のPCで最大16個のVN1530と16個のVN1531をサポート
  • ハードウェアまたはソフトウェアによる時間同期
  • 無料のXLドライバーライブラリー(XL-API)*により、お客様固有のアプリケーション開発をサポート

* リリース日についてはベクターにお問い合わせください。