ページナビゲーション

製品名で探す(アルファベット順)

ベクターはお客様によるログデータ取得を最適化するために、GL1000/GL2000/3000/4000ファミリー、CANlog3およびCANlog4データロガー用のさまざまなアクセサリーを提供しています。

詳細はこちら

さらに表示

CAN、CAN FD、LIN、J1708、FlexRayバスシステムでベクターインターフェイスを操作するには、専用の交換可能なバストランシーバーが必要です。

これらの製品は、ケーブル (cab) やピギーバックボード (piggy) にあらかじめ組み付けられています。

詳細はこちら

さらに表示

GLロガーは、テスト走行中やテストベンチ上の車両内で使用するデータレコーダーです。CAN、LIN、FlexRay、MOST150等のネットワーク システムのログを記録することができます。また、アナログ入力およびデジタル入力の測定値は、GPS データ、バッテリー電圧、バッテリー電流等と同様に時間同期して保存されます。

詳細はこちら

さらに表示

Vector Controllers are ECUs that can be used universally for vehicle communication. They are perfect for rapid development of functional samples and use in small series productions.

詳細はこちら(英語ページ)

さらに表示

VN1600インターフェイスファミリーは、市場に広く普及しているUSB接続 CANcaseXLインターフェイスの後継製品です。小型化・軽量化に重点を置いたVN1610/VN1611は2チャンネルを搭載。一方、 VN1630A/VN1640Aは最大4チャンネル搭載可能であり、柔軟性とI/Oサポートに力を入れた設計になっています。

詳細はこちら

さらに表示

同期チャンネルへバイト精度のPCアクセスが可能なUSB 2.0用MOSTインターフェイスです。

 

詳細はこちら

さらに表示

VH6501 is a flexible yet compact CAN (FD) disturbance hardware and a network interface for CANoe combined in one device. It enables you to generate disturbances of almost any kind precisely and reproducibly in CAN (FD) networks. This makes it the ideal tool for testing the fault handling of nodes.

More Information

さらに表示

データスループットが高い車載バスシステムであるFlexRayには、高性能なインターフェイスが必要です。ベクターのFlexRayインターフェイスは、FlexRayネットワークの開発、シミュレーション、テスト、測定、キャリブレーションに役立てることができます。PCへの接続方法を選ばないため、ラボ内での机上や路上でのテスト走行時に使用することができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

データスループットが高い車載バスシステムであるFlexRayには、高性能なインターフェイスが必要です。ベクターのFlexRayインターフェイスは、FlexRayネットワークの開発、シミュレーション、テスト、測定、キャリブレーションに役立てることができます。PCへの接続方法を選ばないため、ラボ内での机上や路上でのテスト走行時に使用することができます。

 

詳細はこちら

さらに表示

VN8810は、車両診断などのさまざまな用途に使用できるコンパクトでインテリジェントな診断用ハードウェアで、OBDソケットを介して車両へ簡単にアクセスすることができます。

詳細はこちら

さらに表示

VN8900システムは、CAN、LIN、FlexRay、J1708、K-Lineなど、幅広いバスに対応したチャンネルを持つ、モジュラータイプの ハードウェアインターフェイスです。特に、リアルタイム性や遅延時間に対する要求が高い複数のバスチャンネルやI/Oへの同時アクセス、スタンドアローン 動作モードを重視しています。

 

詳細はこちら

さらに表示

ECUを徹底的にテストするには、通信ネットワークだけでなく、I/Oインターフェイスもテストシステムに接続する必要があります。このタスクをベクター のVTシステムで行うことができます。VTシステムは、I/Oチャンネルの接続に必要なすべての回路素子を1つのモジュールに統合することにより、テスト ベンチとHILテストシステムのセットアップを大幅に簡素化します。

 

詳細はこちら

さらに表示

VX0312は、Ethernet/BroadR-ReachとCANに対応する、PC接続用のUSBポートを内蔵したコンパクトなインターフェイスで す。このインターフェイスを使用して、XCP on EthernetまたはBroadR-Reachデバイスと測定/キャリブレーションツールをインストールしたPCを、迅速かつ確実に接続できます。

詳細はこちら

さらに表示

VX1000システムは、測定およびキャリブレーション作業で最高のパフォーマンスを実現する、拡張性の高いソリューションです。車両の室内やエンジンルー ム、あるいはテストベンチや研究室で利用できます。このシステムは、ECUとCANapeなどの測定/キャリブレーションツール間のインターフェイスとな ります。ECUの実行時間への影響を最少化しつつ、データ処理能力を高めるため、データへのアクセスはマイクロコントローラー固有のデータトレースポート とデバッグポートを介して処理されます。

詳細はこちら

さらに表示

ベクターのパートナーであるCSM社の計測モジュールは、温度・圧力といったセンサのアナログ信号やデジタル・PWMパルス信号をCANやXCP on Ethernetに変換できます。堅牢性、省スペース性、効率性に優れ、動作温度の全範囲で極めて高い精度を発揮しテストベンチから車載までの用途をカバーします。またCSM社は特に分散型計測技術の分野の技術開発に長きにわたり注力し多くの実績があります。

 

さらに表示

ベクターは、CAN、CAN FD、LIN、J1708、Ethernet/IP、FlexRay、802.11pおよびMOST用のインターフェイスだけでなく、ベクターのソフトウェアツールやお客様固有のソリューションで使用するドライバーソフトウェアおよびプログラミングインターフェイスを提供しています。

さらに表示

VH1160は、ECUのCAN/LINコンフォーマンステストを自動化するためのコンパクトなテスト用USBハードウェアです。

 

さらに表示

VH4110は市販のRaspberry Pi 4Bをベースとする小型で手軽なUSBハードウェアで、一般的なテスト設定では、ホストのCANoeとテスト対象デバイスをワイヤレスLANなどを介してローカルネットワークに接続し、それらを結ぶIP通信用のルーターとして使用できます。

 

さらに表示

VH5110は「CCSリスナー」とも呼ばれ、これを使用することで、充電ステーション(EVSE)と電気自動車(EV)の充電通信であるCCSプロトコルを解析できます。

 

さらに表示

VP6400/VP7400は、車両のバスメッセージ、ビデオストリーム、レーダー生データ、ECU内部の測定データを時間同期して同時に記録するために設計された、高機能で堅牢な専用のハードウェアプラットフォームです。これらはロギングレートが高いため、ADASプロジェクトに適しています。

 

詳細はこちら

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。