MICROSAR
AUTOSAR ECU用の組込ソフトウェア

MICROSARの概要

MICROSARはAUTOSAR ECU用の組込ソフトウェアで、ランタイム環境のMICROSAR RTEと、MICROSARベーシックソフトウェアモジュール (BSW) で構成されています。これらはAUTOSAR標準全体をカバーするほか、便利な機能拡張を多数装備しています。

MICROSARモジュールは、直感的な操作が可能で、しかも統一感のあるツールDaVinci Configurator Pro のユーザーインターフェイスを通じて構成出来ます。このツールにはパラメーターの自動導出をはじめとする便利な機能と、幅広い評価機能が用意されています。

特長

  • Release 4.xおよび3.x用のAUTOSARソリューション全体のソースは1つ
  • 自動車メーカーの具体的な要求に合わせた、事前構成済みのターンキーソフトウェアの形でお手元へ
  • 主要自動車メーカーとTIER1が量産車に採用済み
  • 多くのハードウェアプラットフォームおよびコンパイラーで使用可能
  • AUTOSAR-XML、DBC、LDF、FIBEX、CDD、ODXなど、多彩なデータ形式をサポート
  • AUTOSARプレミアムメンバーによる長期間にわたり信頼できる成熟したソリューション
  • ソフトウェア製品には詳しいドキュメントが付属

ギャラリー

Video: Variant Handling Using the Vector AUTOSAR Solution
Video: The Application Area of DaVinci Configurator Pro
画像:MICROSARベーシックソフトウェアモジュール (BSW)
MICROSARベーシックソフトウェアモジュール (BSW)

適用分野

AUTOSAR ECUソフトウェア用ソリューション

MICROSARパッケージに含まれるベーシックソフトウェアモジュールは、ECUの基本機能を提供しています。モジュールには、アプリケーションソフトウェアに必要なAUTOSARの標準サービスが実装されています。AUTOSARアーキテクチャーは、ハードウェア抽象化という方針に一貫して従っているので、ユーザーは機能ソフトウェアプラットフォームを自由に開発することができます。

必要なMICROSARベーシックソフトウェアモジュールはすべて、お客様のプロジェクト要件に基づいて設定でき、作成後、モジュールをアプリケーションソフトウェアと統合することができます。このようにして、ECUソフトウェア一式が完成します。機能ソフトウェアがAUTOSAR対応ソフトウェアコンポーネントで構成されている場合は、ランタイム環境(RTE)が必要になります。MICROSAR.RTEは、ソフトウェアコンポーネント間の通信や、ベーシックソフトウェアモジュールのデータやサービスへのアクセスを取り扱います。また、MICROSAR.RTEはイベントと情報のフロー全体を制御するのに加え、情報交換の整合性を保証し、コア間またはメモリー保護領域のアクセス制御も行います。

機能

MICROSAR は、MICROSAR.RTE およびMICROSAR ベーシックソフトウェアモジュール(BSW)で構成されており、AUTOSAR 仕様のあらゆる面をカバーし、多くの拡張機能を備えています。各パッケージおよびMICROSAR.RTE についての概要を以下のタブでご紹介いたします。
詳細はMICROSARプロダクトインフォメーションをご参照ください。

MICROSAR.OS

AUTOSAR仕様に対応したリアルタイムオペレーティングシステム

MICROSAR.OSは、マイコン上での利用を目的として設計された、プリエンプティブなリアルタイムマルチタスクオペレーティングシステムです。

各種マイコン用OSおよびドライバーの開発におけるベクターの長年の経験を生かし、コンパクトで堅牢なOSコアを実現しました。MICROSAR.OSは、実績のあるOSEK/VDX-OSオペレーティングシステム標準を拡張した、AUTOSAR OS仕様に基づいています。この標準をもとに、時間監視とメモリー保護をサポートするための機能が追加されています。

たとえば、実装されているHigh Resolution Timerメカニズムを利用することで、割込み負荷を上げることなく1msよりも短い時間分解能が可能になります。コントローラーによっては、マイクロ秒単位に設定することができます。

ベクターのMICROSAR.OSは、AUTOSAR OS仕様に完全対応しており、すべてのスケーラビリティークラスに対応が可能です。

さらに表示

MICROSAR.COM

通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.COMのベーシックソフトウェアモジュールには、ECU通信用のAUTOSARサービスが含まれています。これらのサービスは、通信チャンネルをいくつでもサポートできるようになっています。バスの種類に依存せず、あらゆる通信スタックで必要とされるサービスです。AUTOSARアーキテクチャーに基づき、CAN、CAN-FD、J1939、FR、LIN、ETH.といった、バス固有の通信モジュールのECUソフトウェアの制御と完全統合を担っています。

さらに表示

MICROSAR.CAN

CAN通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.CANは、CANネットワーク通信処理に使用されます。また、XCPでのキャリブレーション、ゲートウェイ、フラッシングの基盤としても適しています。MICROSAR.CANは、別途入手可能なMICROSAR J1939TPパッケージと組み合わせて使用することで、J1939ネットワークでAUTOSAR ECUを操作することもできます。
また、帯域幅の拡張により最大64 バイトのデータをサポートし、多数のCAN-FD コントローラーに対応しています。

さらに表示

MICROSAR.FR

FlexRay通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.FRは、パーシャルネットワークを含むFlexRayネットワーク通信の処理に使用されます。 また、XCPでのキャリブレーション、ゲートウェイ、フラッシングの基盤としても適しています。

さらに表示

MICROSAR.LIN

LIN通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.LINは、LINネットワークにおけるLINマスターの通信タスクを処理するのに使用されます。また、ゲートウェイやフラッシングの基盤としても使うことができます。

さらに表示

MICROSAR.ETH

Ethernet通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

Internet Protocolとその上位層にあるUDPおよびTCPの両トランスポートプロトコルは、Ethernetを介した高速データ交換を目的として、きわめて幅広く使われている規格です。

MICROSAR.ETH (Ethernet) パッケージには、ECU間のEthernet通信に関する自動車用規格に準拠して開発されたTCP/IPスタックをはじめとするAUTOSARベーシックソフトウェアモジュールが含まれています。

AUTOSAR 4.0は、Ethernetを初めてネットワークテクノロジーとして規定したバージョンです。AUTOSAR 4.1では、この仕様が大幅に加筆修正されました。AUTOSAR 4.2ではさらに、Ethernetスイッチの設定やECU間の時間同期などが明記されています。

MICROSAR.ETHのベーシックソフトウェアモジュールは、AUTOSAR 4.xに対応し、さらにAUTOSAR 3.xを補足するものとして提供されています。

さらに表示

MICROSAR V2G

外部インフラ通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

Ethernetとその上位層にあるTCP/IPスタックは、車外のインフラストラクチャーとの通信に必要な基本的なテクノロジーを提供します。MICROSAR.V2Gを使用すれば、電気自動車とハイブリッド自動車に、適切な充電ステーションでインテリジェント充電を実行できます。
対応する規格は以下のとおりです。

  • ISO 15118
  • DIN 70121

これらには、交流または直流(AC/DC)、非接触充電(WPT)、自動接続(ACD)、双方向給電(BPT)での充電に対応するオプションが必要です。

MICROSAR.V2Gパッケージのモジュールを使用すれば、一般的に使われているインターネットプロトコルを介して、ECUにサーバーと通信させることもできます。

必要に応じて、TLSを用いてこの通信を暗号化することもできます。

さらに表示

MICROSAR AVB

Ethernet経由のオーディオ/ビデオ用のベーシックソフトウェアモジュール

Ethernet上でMICROSAR AVB (Audio/Video Bridging) を使用することにより、オーディオ/ビデオを迅速かつ確実に転送できるようになります。

MICROSAR AVBパッケージには、MICROSAR.ETHなどのEthernetインターフェイスを下敷きとする、多様なベーシックソフトウェアが含まれています。

AUTOSAR 4.xに基づくソリューションはAVTP (Audio/Video Transport Protocol)、RTP (Transport Protocol for Real-Time Applications)、SRP (Stream Reservation Protocol)、ETHTSYN (Time Synchronisation over Ethernet) のほか、ご要望に応じてBMCA (Best Master Clock Algorithm) もサポートします。

これによって、AVBエンドポイントだけでなく、ブリッジ機能の実装も可能になります。

さらに表示

MICROSAR.MEM

メモリー管理用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.MEMには、フラッシュメモリーやEEPROMメモリー内の永続的なアプリケーションデータの読書きや消去を行うAUTOSARサービスが含まれています。

これによって、アプリケーションソフトウェアはハードウェアに依存しないメモリーアクセスを行うことができます。

アプリケーション側は、プラットフォームに存在するメモリーのタイプが何か、あるいはこのメモリーはコントローラー内部のメモリーなのか、それとも外部メモリーなのかを把握する必要はありません。

さらに表示

MICROSAR.SYS

AUTOSAR用のシステム関連のベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.SYSのベーシックソフトウェアモジュールが提供するサービスは、AUTOSAR ECUの基本機能の重要な部分を取り扱っています。

これらのサービスはアプリケーションソフトウェアから呼び出されるだけではなく(RTE経由)、他のベーシックソフトウェアモジュールからも呼び出されます。

MICROSAR.SYSのモジュールには、ECUの状態処理に用いられる主要機能がすべて含まれています。

システムサービスには、電源およびモードの管理や、すべての通信チャンネルおよびパーシャルネットワークの制御、機能ソフトウェアを構成する各個別のソフトウェアコンポーネントのモニターのほか、AUTOSAR 3.x内の全ベーシックソフト ウェアモジュールのスケジューリングを行う機能が含まれています。

さらに表示

MICROSAR.DIAG

AUTOSARに対応したUDSプロトコルの実装

各自動車メーカーは、AUTOSAR 仕様の枠を超えた独自の診断要件を定めています。このため、ベクターでは、MICROSAR.DIAG に自動車メーカー固有の拡張機能を付加して提供しています。この方法は量産に適しており、すでに多くの自動車メーカーに対応済みです。特定の診断仕様がないECU については、MICROSAR.DIAG の、自動車メーカーに依存しないバンドルをご利用いただけます。

MICORSAR.DIAG は、EURO VI などの現行および将来の法的要件に使用可能です。OBDII (ISO 15031/SAE J1979) およびWWHOBD(ISO 27145) に対するサポートは、オプションとして提供しています。

ECU の診断コンフィギュレーションにバリアントが必要な場合、MICROSAR.DIAG はこれに対応した高性能ソリューションを提供します。最大31個の異なるパラメーター化を定義でき、これらをリソース的に最適な方法でECU に保存します。これによって、同じデータやサービス、DTC への同一インターフェイスは、生成された診断コード内でまとめられるので、ECU ソフトウェア内での重複を防ぐことができます。

さらに表示

MICROSAR.MCAL

マイクロコントローラー周辺機能制御用AUTOSARドライバー

MICROSAR.MCAL はマイクロコントローラー周辺機能用のターンキーソリューションです。別のハードウェアに切り替える際は、機能ソフトウェアに変更を加える必要はなく、MICROSAR.MCAL を入れ替えて新しいドライバーを取り込むだけで完了です。

MICROSAR.MCAL ドライバーは、MICROSAR パッケージ全体に完全に適合します。あとはお客様のアプリケーションに必要な他のパッケージ(MICROSAR.CAN、MICROSAR.MEM など)をただ追加するだけでよく、こうすることでAUTOSAR 仕様に対応した完全な通信スタックやメモリー管理などを用意できます。

さらに表示

MICROSAR.EXT

外付デバイス制御用のAUTOSARドライバー

MICROSAR.EXTは、外付周辺機能のデバイス用のターンキーソリューションです。

したがって、外付ハードウェアを切り替えるときにアプリケーションソフトウェアに変更を加える必要はなく、MICROSAR.EXTの該当ドライバーを切り離せばよいだけです。

あとはお客様のアプリケーションに必要な他のパッケージ(MICROSAR.CAN、MICROSAR.MEMなど)をただ追加するだけでよく、こうすることでAUTOSAR仕様に対応した通信スタックやメモリー管理を用意できます。

さらに表示

MICROSAR.IO

AUTOSAR I/Oハードウェアの抽象化

IOクラスターはアプリケーション(ソフトウェアコンポーネントなど)とMCALモジュールの間の接続を確立します。

これによってアプリケーションやソフトウェアコンポーネントにI/Oポートへのアクセスが与えられ、センサーデータの読出しやアクターの操作などが可能になります。

さらに表示

MICROSAR.RTE

AUTOSAR仕様に対応したソフトウェアコンポーネント用の最適なランタイム環境

ベクターのMICROSAR.RTE(ランタイム環境)は、スケーラブルで高度に最適化されたAUTOSARランタイム環境です。RTEはAUTOSARによって導入されたモジュールの1つで、ソフトウェアコンポーネント間の通信を管理します。情報フロー全体の整合性を確認し、アプリケーションソフトウェアおよびベーシックソフトウェア、複合デバイスドライバー(CDD)の間のインターフェイスを提供します。

あるECUの機能ソフトウェアをAUTOSAR対応ソフトウェアコンポーネントで実装するときには、ランタイム環境としてRTEが必要です。ECUソフトウェアはモジュール構成になっているため、高い柔軟性があります。つまり、人手を使って開発したソフトウェアコンポーネントや、モデルベース開発ツールを使って設計したソフトウェアコンポーネントを、複数のECUプロジェクトで使い回すことができます。RTEは、その特定のECUに合わせて(場合によってはベーシックソフトウェアモジュールにも合わせて)再設定、再生成すればよいだけです。また、ソフトウェアコンポーネントについても、1つのECU上で複数のインスタンスに使用することが可能です。

さらに表示

MICROSAR AMD

AUTOSARのモニターおよびデバッグ

MICROSAR AMDパッケージはAUTOSAR ECUソフトウェアの効率的なテストを支援します。MICROSAR AMDのベーシックソフトウェアモジュールは、MICROSARベーシックソフトウェアの重要な内部変数、状態、エラーメッセージのすべてにアクセスできます。

XCPプロトコル(Universal Calibration Protocol)は測定やキャリブレーションの分野でよく使われていますが、これはECU内部のパラメーターを転送するのに非常に適しています。ベクターはそれを踏まえ、XCPに基づいてMICROSAR AMDを開発しました。

さらに表示

MICROSAR Multi-core

マルチコアプロセッサー用のAUTOSARソリューション

マルチコアプロセッサーの導入は、そのダウンストリームにあたるAUTOSARソフトウェアの設計にも変化をもたらしました。今日では、個々のAUTOSARアプリケーションを各プロセッサーに分配し、同時に操作することが可能となっています。これを効果的に行うには、待機時間などによる同期のロスを最小限に抑えた、的確な分配が何よりも大切です。この作業を包括的に支援するのが、MICROSAR Multi-coreです。

さらに表示

MICROSARバリアントハンドリング

AUTOSAR 21 の柔軟なコンフィギュレーションのためのソリューション

ECU開発における従来の作業分担では、自動車メーカーが通信と診断のインターフェイスを定義し、サプライヤーがそれらの要件に従って、ECUを実装およびビルドします。ECUの納入後にパラメーターの変更が必要になれば、サプライヤーは新しいバージョンのECUを開発しなければなりません。

変更が些細なものである場合、この開発チェーンによって時間と経費が無駄に費やされることになります。比較的変更の多いベーシックソフトウェアを用いるECUの開発では特に、Post-Build Loadableがもたらす柔軟性の向上は効果的です。

また、車載ECU開発において、多種多様なバリアントで実装されるECUの数は増加しており、それらはマルチプルECUとして知られています。こうした状況の中でユーザーにとってメリットとなるのは、1台でさまざまな適用分野で使用できるハードウェアを備えることです。こうしてハードウェアのコストや管理の手間を減らし、その分、ソフトウェア開発および生産やサービスのためのソフトウェアバリアント管理に力を注ぐことができます。

さらに表示

MICROSAR J1939

大型車両専用のAUTOSAR ベーシックソフトウェアモジュール

J1939モジュールの適用分野は、SAE J1939規格で規定されている専用の機能を用いた、大型車両におけるCANネットワーク経由の通信処理です。これらはJ1939固有のベーシックソフトウェアモジュールで実装され、近傍のモジュールの拡張によってサポートされます。さらに、MICROSAR.CANは、農業用車両および器具に含まれるISOBUS ECU(ISO 11783に準拠)の実装にも使用できます。それを可能にするため、J1939NMとCANIFは完全に動的なアドレス調停とアドレストラッキングの機能によって拡張されたほか、J1939TPにはETPおよびFastPacketトランスポートプロトコルが実装されました。NMEA2000に準拠した船舶でのユースケースも、FastPacketおよび完全に動的なアドレス調停でサポート可能です。

さらに表示

MICROSAR vVIRTUALtarget basic

仮想統合

ECUの開発プロセスは一般に、個別のソフトウェアモジュール(ソフトウェアコンポーネント)の作成から始まります。しかし、プロジェクト期間が短縮傾向にある中で、必要なソフトウェアコンポーネントを最初に一気に作成し、それらの間の相互作用をテストして、最後にターゲットハードウェア上でベーシックソフトウェアとの連携をテストするだけの時間は、通常は取れません。

今日では、かなりの数のプロジェクトで、プロジェクトのごく早い段階、時には最終的なターゲットハードウェアが完全に定義されていないフェーズのうちからテストの開始が求められるケースが目立ちます。これは実物のECUへのアクセスを必要とせずにECUソフトウェアを実行できるランタイム環境です。こちらの環境を使用することによって、実際のハードウェアやベーシックソフトウェアの有無を問わずにテストを実行することが可能になり、結果としてかなりの時間を節約できます。ターゲットハードウェアとvVIRTUALtargetのどちらの環境においても、同じコンフィギュレーションを使用することができます。

通信およびI/Oインターフェイスへの入力と測定には、CANoeのライセンスが必要です。

さらに表示

MICROSAR XCP

測定と適合

MICROSAR XCP により、ASAM XCP に準拠した測定とキャリブレーションが可能になります。 It allows address based read and write access to ECU memory. モジュールはCANoe.XCPおよびCANoe.AMDに加え、CANapeとの併用に特化して最適化されています。 It is available for many topologies: CAN, CAN-FD, FR, ETH, LIN, J1939.

さらに表示

特長

ISO 26262に準拠した機能安全

安全関連のAUTOSARベーシックソフトウェア
Components currently developed according to ASIL D

ISO 26262に準拠して作られたAUTOSARベーシックソフトウェアを使用すれば、システムに含まれるパーティションの数を減らし、それによってパフォーマンスの向上を図ることができます。

MICROSAR Safeにより、異なる部分で構成された安全関連ソフトウェアを、ASILが異なる部分や、安全に関連しない(QMソフトウェア)部分を同じ ECU上で、無干渉を保ちながら実行することが可能になります(ASIL混在システム)。MICROSAR Safeモジュールは、ISO 26262/ASIL Dに従って開発されたSEooC (Safety Elements out of Context)す。 MICROSAR Safeは、機能安全の分野における長年の経験の成果です。


機能

  • SafeContext:メモリー保護と安全コンテキストの切り替え(ASIL D取得済み)
  • SafeWatchdog:安全関連ソフトウェアコンポーネントのフロー制御 (ASIL Dまでの全レベルで使用可能)
  • ソフトウェア実行時間の測定
  • SafeCom:安全関連ECUの内部およびECU間の通信(ASIL Dまでの全レベルで使用可能)


特長

  • ASIL (Automotive Safety Integrity Level) 最高位のASIL Dまでの全レベルに対応するソリューション
  • 認定コストを削減
  • 1つのコントローラー上で複数のASILをサポート
  • AUTOSAR 3.xに対する下方互換性


コンサルティング:

ベクターでは、安全関連SWCの開発プロセスと、それを使用した安全戦略について知りたいという皆様のために、Vector ConsultingおよびTTTechとの協力によるコンサルティング(※)を行っています。
※主に欧州地域でのサービスですが、日本のお客様に対してもご要望をお伺いいたします。こちらまでお問い合わせください。

さらに表示

Access Security for AUTOSAR ECUs

Security protected red car in front of a city skyline

車両内のセキュリティーに関わる情報や個人データの増加に伴い、意図的なデータの改ざんやデータ盗難に対する防御が重要度を増しています。情報の完全性、信頼性、機密性を保護するために使われるのが、セキュリティーのメカニズムです。ベクターはこの分野向けに、AUTOSAR 4.2およびAUTOSAR 4.3で規定されているコンポーネントを提供できます。

特長

  • 1 つの供給元による、規格に準拠した安全機能の実装
  • 確立された暗号化アルゴリズム
  • データの改ざんに対する防御
  • データの不正読取りに対する防御
  • 反射攻撃に対する防御
  • 通信エンドポイントの認証


機能

Secure OnBoard Communication (SecOC)

このモジュールはECU 間で安全な通信を行うために使用されます。これによって第三者が移動中のデータを改ざんする、記録済みのデータを再生する、正しい通信相手とすり替わるなどの事態を防ぎ、他者からの介入による操作を防止できます。SecOC はPDU ルーターと相互作用し、アプリケーションからの制御が可能です。


Cryptographic Service Manager (CSM)

CSM は以下の機能を備えています。

  • 暗号サービスへのアクセス
  • 暗号サービスの設定と、サービスを実施するためのアルゴリズム
  • サービスを同期的/非同期的に実行するための設定


Crypto Interface (CRYIF)

Crypto Interface モジュールは、多様な暗号ソリューションを一元的に処理するインターフェイスを提供します。


CRYPTO (SW)

CSM 経由で提供される暗号化アルゴリズムおよび機能は、実際にはCRYPTO (SW) モジュールによって実装されます。


CRYPTO (HW)

Crypto (HW) モジュールは、ハードウェアトラストアンカー(HTA)から提供されるセキュリティー関連のアルゴリズムおよび機能にアクセスするためのドライバーとして動作します。利用可能なHTA には、Secure Hardware Extensions (SHE) やHhardware Security Module (HSM)など、さまざまなタイプがあります。


Ethernet Firewall (vETHFW)

Ethernet Firewall (vETHFW) により、Ethernet 通信用のファイアウォールが実装されます。その主なタスクは、送受信されるトラフィックから不要なものをブロックし、ネットワーク全体のセキュリティーを高めることです。

さらに表示

ベクターは、ECUのバリアントハンドリングのためのオプションを提供します。これらは、自動車メーカーとサプライヤーの両方がECU量産時のコストを削減し、柔軟性を高めることを支援します。

Post-Build Loadableでは、診断および通信分野に関わるベーシックソフトウェアの特定の特性を、ECU のビルド後に修正することが可能です。ポストビルド時にCAN ID、送信タイプ、デフォルト値などのパラメーターを修正するほか、ECU に新しいオブジェクトを導入することもできます。たとえば、新しいメッセージやシグナルを追加してゲートウェイのルーティングテーブルを拡張できます。
ポストビルドの時点でベーシックソフトウェアのパラメーターを適合する場合、必要になるのはMICROSAR 製品のみです。ビルド後の更新には、アプリケーションやコンパイラー/コンパイラーのライセンスは必要ありません。また、アプリケーション層の適合も不要です。ベーシックソフトウェアに対する修正は、自動車メーカーが直接、シンプルな方法で実施できます。


Post-Build Selectable (Identity Manager)はより効率的なECU バリアント管理、管理工数の低減、在庫管理コストの削減、リソースを最適化したBSW コンフィギュレーションの実装を実現します。

  • 「ドア用ECU」の例:ほぼ同一のタスクを実行するECU で、それらの相違がRx およびTxPDU、診断、ネットワークアドレスのいずれかにしか存在しない場合、それらのECU は1 つの型番を持つ1 つの部品として車両に実装できます。この場合、開発および生産されるECU は1 つであり、
    それが起動時に、自身がどのECU で、どこに装着されているのか、そして結果として、自身がどの機能を実現すべきなのかを併せて把握します。
    レイアウトが同一の場合、PDU のバッファーは完全にオーバーレイされます。アプリケーションは、Identity に関係なく信号やデータエレメントにアクセスします。したがって、コード上でIdentity を区別する必要はありません。
  • 「キャリーオーバーECU」の例:複数のシリーズのモデルにおいて機能が似ているECU を、1 つの部品として開発し、製造できます。これらのECU に含まれるソフトウェアは、それを使用する車両ラインの全部に対応するソフトウェアであり、個々のシリーズモデル間の通信記述が大幅に異なる場合でも、それらをサポートすることが可能です。この場合、AUTOSAR ECU のソフトウェア設定の基になるECU Extract は、シグナルのレイアウトがまったく違っていたり、サポートするバスの数が変わっていたりするなど、バリアントごとに大きく異なります。
さらに表示

ドライバーアシスタンスシステムとインフォテインメントの導入に伴い、すでに確立されている静的なECU ソリューションと新しい動的なサービスとの連携が一層緊密化しています。ECU プロジェクトでは、これに起因して従来からのAUTOSAR 技術にPOSIX ベースのシステムを組み合わせて使用するケースが増えており、そのトレンドは新たに規定された標準規格の「AUTOSAR Adaptive Platform」にも明確に表れています。この点を踏まえ、MICROSAR には、従来の車両機能をPOSIX オペレーティングシステム下でも使用するためのソリューションと、POSIX ドメインとAUTOSAR ドメインの間でデータを交換するためのソリューションが用意されています。


特長

  • POSIX ベースのシステムで、MICROSAR ベーシックソフトウェアをプロセスとして実行
  • マルチコントローラーのアーキテクチャーをサポート
  • MICROSAR ベーシックソフトウェアを、Linux、QNX、Green Hills INTEGRITY、PikeOS などのサードパーティーのオペレーティングシステムと統合可能


応用分野

  • POSIX 下でAUTOSAR Classic ベーシックソフトウェアモジュールとレガシーコンポーネントをプロセスとして実行
  • マルチコントローラーおよびマルチコアアーキテクチャーでの診断
  • 異なるオペレーティングシステム間でデータ交換を行うためのプロセス間通信(IPC:Inter Process Communication)
  • POSIX オペレーティングシステム用Flash Bootloader
  • ベクターが包括的なソリューションを提供している、新しい“AUTOSAR Adaptive Platform” 標準規格に準拠して設計されたECU。詳しくは、ベクターまでお問い合わせください
さらに表示

AUTOSAR プロジェクトを迅速に始動

MICROSAR.SIPとMICROSAR.EIP

ベクターのSoftware Integration Package (SIP) とExtended Integration Package (EIP)は、ベクターがパッケージの納入に先立ってテストを実施するため、お客様はわずか数日でパッケージ全体の運用に入ることができます。これはECUソフトウェア開発にとって決定的な利点となります。ベクターは納入前に、質問票を用いてお客様の要件をできるだけ詳細に書き出します。その後、これに基づいて、SIPを可能な限りきめ細かくカスタマイズして構築します。

関連情報

ファクトシート:


プロダクトインフォメーション:

MICROSARの適用範囲

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。