CANbedded J1939
J1939アプリケーション用組込ソフトウェア

CANbedded J1939の概要

CANbedded J1939パッケージには、SAE J1939を基とするアプリケーション用のソフトウェアコンポーネントが含まれています。これらのソフトウェアコンポーネントは、重作業車両などの要求仕 様に応じて、ECU間の基本的な通信に対する機能を提供します。CANbedded J1939はCANbedded製品ラインのソフトウェアコンポーネントで構成されています。詳細については、CANbeddedの製品情報を参照してく ださい。CANbedded J1939ソフトウェアコンポーネントは、ソースコードとして利用可能です。

自動車メーカー独自のCANbeddedソリューションへの代替として、 AUTOSARベーシックソフトウェアを使用できます。ベクターは、お客様のアプリケーションに最適のソリューションを選定するお手伝いをいたします。

特長

  • GUIにより容易に設定が可能
  • 幅広い設定が可能であるため、コーディングの効率を向上できる
  • ハードウェアに依存しないAPIによる優れた移植性
  • 他の標準コンポーネント(トランスポートプロトコル、診断など)の統合が簡単

適用分野

  • 重作業車両におけるパワートレインおよびシャーシーのECU
  • FMS(フリートマネージメントシステム)
  • 農業機械への接続端末およびECUへの組込ソフト実装

機能

CANbedded J1939には以下のソフトウェアコンポーネントと共にJ1939 通信スタックが含まれています。

J1939メッセージ (PGN) の送受信、スタティックアドレスクレーミング (J1939-NM)、OSEK/VDX-OSへのインターフェイスへのキューを含みます。インタラクションレイヤーは、変数CAN ID(ノードアドレス、プライオリティー)を使用してPGNのシグナルへの標準アクセスを行います。オプションにて、J1939ベースモジュールは1 つのハードウェアユニット(仮想ECU)に異なるECUアドレスを持つ複数のECUを実装できます。

さらに表示

CANドライバーはJ1939メッセージの送受信を処理します。CANドライバーはハードウェアに依存しますが、現在使用されているマイクロコントローラーの多くに対応したものが用意されています。詳しくは、「CANbedded」の章をご覧ください。

さらに表示

J1939-21に準拠したブロードキャストメッセージ用のトランスポートプロトコル

さらに表示

J1939-21に準拠した一対一送信用のトランスポートプロトコル

さらに表示

J1939-81に準拠した動的なアドレス割当のサポート

さらに表示

設定可能なフィルター規則を使用した、他のJ1939バスへのJ1939メッセージのルーティング

さらに表示

ETPおよびFastPacketトランスポートプロトコル、ワーキングセット

さらに表示

CANdescはISO14230に準拠したKWP2000か、ISO 14229に準拠したUDSプロトコルを介して自動車メーカー固有の診断を行うための組込ソフトウェアコンポーネントです。

さらに表示

ISO 15765-2に準拠した8バイトを超えるデータを送信するためのソフトウェアコンポーネント。さらに、自動車メーカー固有のバリアントが用意されています。

さらに表示

MICROSAR OSは、マイコン上での利用を目的として設計された、プリエンプティブなリアルタイムマルチタスクオペレーティングシステムです。実績のあるOSEK/VDX-OSオペレーティングシステム標準を拡張した、AUTOSAR OS仕様に基づいています。
ベクターのMICROSAR.OSは、AUTOSAR OS仕様に完全対応しており、すべてのスケーラビリティークラスに対応が可能です。

さらに表示

関連情報

プロダクトインフォメーション:

Availability:

Supported OEMs:

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

さらに表示