Adaptive MICROSAR
AUTOSAR Adaptiveに対応する動的なソフトウェアプラットフォーム

AUTOSAR Adaptiveに準拠した高性能ECUのためのソリューション

Adaptive MICROSARは、 AUTOSAR Adaptive PlatformベースのE/Eアーキテクチャーを持つ車両のためのベクターのソリューションで、AUTOSAR Runtime for Adaptive Applications (ARA) を提供し、Eclipseに統合された効率的な開発環境を備えています。Adaptive MICROSARは車載アプリケーションサーバー、ADAS用ECU、インフォテインメントシステムなどの高性能のECUを対象としています。また、ASIL Dまでのトータルな機能安全ソリューションも提供可能です。ハイパーバイザー、POSIXオペレーティングシステムからARAまで対象です。

特長

  • 量産開発に使用可能
  • ソフトウェアの更新を短期間で実施し、常に最新のソフトウェアを提供
  • POSIXベースの各種オペレーティングシステムをサポート
  • ASIL Dまでの機能安全関連アプリケーションの開発
  • 機能安全を考慮して最適化されたC++ STLライブラリー
  • 付属するサンプルプロジェクトにて、貴社のプロジェクトをスピーディーに立上げ

完全なシステムセットアップ

  • 機能安全に対応したハイパーバイザー、オペレーティングシステム(PikeOSベース)、Adaptive MICROSARを事前に設定した状態で提供
  • シングルソースの最適化されたソリューション
  • マイクロカーネルベースのハードリアルタイムオペレーティングシステム
  • ISO 26262 ASIL DまでのSafety Caseをご提供可能
  • 高速ブート
  • 不正アクセスに対するセキュリティー対策

適用分野

  • ADAS、マルチメディア、コネクティビティなどに使用される高性能ECU
  • 高度な自動運転を実現する安心安全に関わるシステム
  • C++によるAUTOSAR Adaptiveアプリケーションの開発
  • 車両に依存しないソフトウェア開発(アプリストア)

機能

ベクターが開発したAdaptive MICROSARには、量産に対応した、以下のクラスターのソフトウェアが含まれています。

  • 通信(ara::com)
  • 実行状態管理(ara::exec)
  • 診断(ara::diag)
  • データ読書き(ara::per)
  • ロギングおよびトレース(ara::log)
  • ソフトウェアの更新および構成管理(ara::ucm)

AUTOSAR仕様のほか、以下をはじめとする便利な拡張機能を提供可能です。

  • 機能安全関連プロジェクト - ASIL Dまで認証可能
  • E2Eプロテクションを含む完全なSOME/IPバインディング
  • マシン内通信のパフォーマンスの向上と設定の簡素化を目的としたIPCバインディング
  • TCP接続のライブチェック
  • ネットワークオーバーヘッドを軽減するためのUDPフレームのバッファリング
  • IPヘッダーでQoSの優先度を設定
  • 起動を高速化する静的なService Discoveryオプション
  • 開発環境をバーチャルマシンとして事前に設定済
  • 測定とキャリブレーションのためのXCPサポート

DaVinci Adaptive IDE

高度な設定

  • Eclipse開発環境に完全に統合
  • AUTOSARのマニフェスト(ARXML)作成を簡素化するドメイン固有言語(DSL)エディター
  • 内蔵の構文チェックとオートコンプリート機能による開発のスピードアップ
  • 「リーフレット」によるガイダンスの組込み
  • 難しい設定作業の支援
  • オーサリングから設定の妥当性確認、コード生成、デバッグに至る包括的なワークフロー
  • Windows版とLinux版をご用意
[Translate to 日本語:] The DaVinci Adaptive IDE offers optimal assistance for challenging configuration tasks

 

1. SOME/IPデプロイメントの作成などのさまざまなタスクの支援
2. Lintサポート付きのわかりやすいDSLでARXMLモデルを記述
3. 参照およびモデル要素のオートコンプリート
4. AUTOSARモデルをバックグラウンドで自動検証し、フィードバックと解決のための提案をダイレクトに提供
5. サービス作成プロセスを通して使用できる「リーフレット」ガイド

 

リリースプラン

AUTOSAR Adaptive Platformは今も進化を続けており、新機能が継続的に導入されています。ベクターのContinuous Development Packageを使用すれば、開発環境を常に最新に保つことができます。また、ベクターは所定の量産用のソフトウェアリリースを維持します。

お問い合わせ

Embedded Sales

ベクター・ジャパン株式会社

東京都品川区東品川2-3-12
シーフォートスクエア センタービル
〒140-0002
日本

電話番号 +81 3 4586-1800
Fax番号 +81 3 4586-1830
E-Mailアドレス EmbeddedSales@jp.vector.com


トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

関連ページ

MICROSAR

AUTOSAR ECU用の組込ソフトウェア

詳細はこちら
AUTOSAR Adaptive

新しいユースケースに対応する標準規格

詳細はこちら
AUTOSAR Classic

量産で実績のある車載ECU用の標準規格

詳細はこちら
AUTOSAR Adaptive

PREEvisionを使用して、AUTOSAR Adaptiveプラットフォームの能力を最大限に引き出します

PREEvisionユースケース

関連情報

ファクトシート:

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示