ページナビゲーション

組込ソフトウェアおよび組込システム

ECUソフトウェアは、必要な機能を含むアプリケーションと基本機能を処理するインフラソフトの2つに大きく分けられます。インフラソフトには通常、オペ レーティングシステムと、通信ならびに基本的なI/Oサービスとメモリーサービスのためのソフトウェアコンポーネントが含まれます。

ベクターでは、インフラソフトに対応する標準化ソフトウェアコンポーネントを提供しています。これらのベクターソフトウェアコンポーネントは移植性に優れ、また複数サプライヤーの1つのネットワークへの統合を確実にします。

ベクターのCANbeddedは、CANバス経由でのECU 間の情報交換を可能にするベーシックソフトウェアです。これはECUソフトウェアの中に組み込まれ、自動車メーカーの仕様に従って通信関連のタスクを処理します。CANbeddedを使用することで、ECUと車両内の他ECU、および外部サービステスターとの効率的な通信が可能になります。CANbeddedには、ほとんどの自動車メーカーと、多数のマイクロコントローラーに応じたバリアントが用意されています。
CANbedded J1939パッケージには、SAE J1939を基とするアプリケーション用のソフトウェアコンポーネントが含まれています。CANbeddedJ1939は、大型車両農業機械などの要求仕様に応じて、ECU間の基本的な通信に対する機能を提供します。これらのソフトウェアコンポーネントには、シングルチャンネルおよびマルチチャンネルの最適化されたバリアントが用意されています。CANbedded J1939は、ベクターが提供するCANbedded製品ラインの多様なソフトウェアコンポーネントを利用し機能拡張できます。
CANbedded LIN通信は、LIN通信スタックで実装され、標準のソフトウェアコンポーネントで構成されています。LIN仕様1.2、1.3、2.0および 2.1/2.2(A)、J2602に加えて、マルチチャンネルLIN構成をサポートします。各コンポーネントは、リソース要件を低減するためにコードサイ ズと実行時間について最適化されています。 ハードウェアとコンパイラーの40種類以上の組み合わせに対応しており、ご要望があれば追加の組み合わせもサポートします。
CANdesc
ECUの診断機能を実装するソフトウェアコンポーネント
Flash Bootloaderには自動車メーカー固有の多数のバリアントが用意されているほか、多彩なマイクロコントローラーに対応しています。PCベースの設定ツールであるGENyとDaVinci Configurator Proをそれぞれ使用し、プロジェクトの要件に合わせた設定を行うことができます。 Flash Bootloaderは従来のECUとAUTOSAR準拠のECUのどちらでも使用できます。また、LinuxなどのPOSIX互換オペレーティングシステムを搭載したECUも、時間をかけずに効率よく更新できます。
MICROSARはAUTOSAR ECU用の組込ソフトウェアで、ランタイム環境のMICROSAR RTEと、MICROSARベーシックソフトウェアモジュール (BSW) で構成されています。これらはAUTOSAR標準全体をカバーするほか、便利な機能拡張を多数装備しています。
MICROSARモジュールは、直感的な操作が可能で、しかも統一感のあるツールDaVinci Configurator Proのユーザーインターフェイスを通じて構成出来ます。このツールにはパラメーターの自動導出をはじめとする便利な機能と、幅広い評価機能が用意されて います。

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。