インダストリー4.0とIIoT
開発期間の短縮化、テストの簡素化

インダストリー4.0のソリューション

工業生産の未来: インダストリー4.0と産業用IoT(IIoT)

インターネットは産業界を大きく変えています。最近のバズワードである「インダストリー4.0」、「スマートマニュファクチャリング」、「産業用IoT(IIoT)」は、どれもが工業生産の包括的なデジタル化を表しています。ICTによって工場と量産システム、量産プロセスは変化し、機械、建物、物流、製品が互いにつながるようになりましたが、それらが相互に直接通信し、協調するのがインダストリー4.0です。

人間はインテリジェントなインターフェイスやツールを介してこれらの相互通信に加わります。ここでの目標は、できる限り自立しながらも、簡単で、もっと安全なインタラクションが可能な量産体制を実現することです。そのためには信頼性が高く堅牢な電子機器とソフトウェアソリューションが必要であり、それらを迅速に、エラーフリーで開発およびテストできることが求められます。

Automated robotic arm moving box
スマートファクトリーで使用するIIoTシステムのソフトウェアと電子機器を、ベクターのソリューションを用いて迅速に、効率よく開発およびテスト

IoTシステムの開発を加速し、テストを効率化

ベクターには、そういった課題に応えるための実績あるプロフェッショナルなツールと包括的なノウハウがあります。オートモーティブの現場で培われたベクターのテストと開発のコンセプトはIoT分野へも応用可能です。

ベクターのソリューションを使用すれば、テストの省力化により、信頼性と再現性が向上するため、複雑なIoTシステムを効率的かつ迅速に開発できます。また、ベクターのノウハウを生かして、IoTのための堅牢な電子機器とソフトウェアソリューションの実現を目指すことができます。

適用分野

ベクターの組み込みシステム用テストソリューション

ベクターのシステムツールは、シミュレーション環境とテスト環境の効率的な構築をサポートします。ベクターのテストソリューションには、あらゆるテストフェーズでご利用いただける、実績あるテストツールが用意されています。

さらに表示
産業用アプリケーションのためのIoTソフトウェアのテスト

IoTで接続されるデバイスのソフトウェアを開発、検証、テストし、IoTデバイスとバックエンドのための効率的なテスト戦略を作成できます。

さらに表示
ソフトウェアプロジェクトの品質およびパフォーマンス解析

得られる情報が的確であれば、意思決定も的確なものになります。ダッシュボードを使用することにより、プロジェクトのパフォーマンスを高め、ソフトウェア品質を向上し、プロセスと標準に対へのコンフォーマンスを保証できます。

さらに表示

テスト

ベクターの組み込みシステム用テストソリューション

産業用の組み込みソフトウェア/組み込みシステムのためのスケーラブルなソリューション

システムテスト

シミュレーション環境とテスト環境の効率的な構築:ベクターが提供する組み込みシステムテスト用ツールは、インダストリー4.0アプリケーションの開発プロセスにおけるすべてのテストのタスクを支援します。
これらのツールを使用することで、純粋なSILシミュレーションから、実際の機能を有するHILテストに至る、スケーラブルで再利用可能なソリューションを提供します。テスト対象システムが、ヒートポンプ、食洗器、電気自動車などの一部であるかどうかは関係ありません。

製品のご紹介

確信を持ってソフトウェアをリリース

CANoe4SWは、サイバーフィジカルシステムのソフトウェアを開発、テスト、解析するための新しいツールです。クラウドサービスのダウンタイムのように、実環境での再現が難しいエラーシナリオをシミュレーションすることができます。

ベクターのテストツールでは、CAN/CANopen、Ethernet、WiFiなどのネットワークテクノロジを用いた通信への並行アクセスが可能です。また、DAQや外部ハードウェアを用いて多彩な入出力(アナログ、デジタル、SPI、I2C、PSI5、SENT)の取得と刺激を行うことができます。

そのため、インダストリー4.0環境の組み込みシステムの開発工程で必要なテストを、簡単に、しかもプロセスに準拠して実施することが可能になります。

対応するテストアクティビティ

  • ブラックボックステスト
  • ホワイトボックステスト
  • 単体テスト、システム妥当性確認
  • テスト管理、テスト自動化(継続的インテグレーション)
  • システムテストにおけるコードカバレッジ測定 
  • テストシーケンスとテストデータの再利用
IEC 61508に準拠したプログラマブル電子システムの機能安全認証をVectorCASTで取得

ソフトウェアテスト

国内外のさまざまな要件と標準に従って電子機器や電子装置の品質を保証するうえで、ソフトウェアテストは最も重要な存在です。

組み込みソフトウェア用テストプラットフォームであるVectorCASTは、必要なテストを開発プロセス全体で自動化する製品ファミリです。システムテストや変更ベーステストからコードカバレッジを決定することで、モジュールテストや結合テストに要する工数を大幅に削減します。

VectorCASTツールはTÜV SÜDの認証を受けており、IEC 61508で規定されている全レベルの構造コードカバレッジの収集とレポートをサポートします。

動画のご紹介(英語版)

Test Automation in Software Development

Automated testing activities across the development lifecycle with the VectorCAST embedded software testing platform.

CANoe

単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツール

詳細はこちら
ソフトウェア開発のライフサイクルを通してテスト作業を自動化

VectorCASTはC言語、C++に対応した組込の単体テストを自動化するための単体テストツールです。

詳細はこちら
vTESTstudio

組込システムのための自動テストシーケンスの開発が容易に

詳細はこちら
VTシステム

効率的なECUテスト環境のためのモジュール式テスト環境

詳細情報

IIoTのテスト

ポテンシャル解析: CANoe Connectivity Features Service

初期状態

IIoTシステムのテストを省力化―しかしその方法は?

今日、IoTはあらゆる場面で用いられており、組み込みデバイスはそれに適したクラウドやその他のデバイスと接続することで、どんどんインテリジェント化されています。このような組み込みシステムとWebの接続によって新たな課題が生じ、ソフトウェア品質の保証はより難しいものとなっています。

持続可能なテスト戦略を効率的に策定するには、このような組み込みシステムとクラウドの両分野の経験が必要ですが、IoTの開発者は通常、組み込みの経験は豊富だがクラウドの経験は少ない、あるいはクラウドの経験は豊富だが組み込みの経験は少ないのいずれかで、両方に対応できるわけではありません。

IoTアプリケーションとサイバーフィジカルシステムを簡単かつ効率的にテスト

目標

IoTデバイスとバックエンドのための効率的なテスト戦略

IoTアプリケーションでも、個々のコンポーネントとそれらの環境とのインタラクションを、ソフトウェア製品ですでに定着しているテスト戦略に基づいてテストしなければなりません。この際、テスト開発者はテストの対象とならないコンポーネントをプレースホルダー(モック)に置き換える、「モッキング」という手法を使用します。

しかし、分散システム、特にIoTのような分散システムには、タイミング、通信、セキュリティのメカニズムが原因で、モッキングが難しくなるという課題があります。IoT開発者には、普段と同じ方法で、「いつものように」テストを開発できる環境が必要です。

この場合、通信の特性や、バックエンドやIoTデバイスの各種テクノロジに依存しないようにする必要があります。さらに、テストはどの開発段階でも再利用できるものでなければなりません。メンテナンスの手間を省くため、バックエンドとデバイスのモッキングに使用するインターフェイスも同じでなければなりません。

動画のご紹介(英語版)

Smart Devices on the Test Bench

Developing, validating and testing software for networked devices in the Internet of Things: We show scenarios for ensuring the software quality of IoT applications.

ソリューション

Vector CANoe Connectivity Features Serviceを使用してIoTシステムを簡単にモッキング

Connectivity Features Service of CANoe はIoTシステムのテストを省力化します。これにはMQTT用の通信ライブラリが用意されており、暗号化通信用の接続設定もそれによって処理されます。

MQTTトピックをCAPLインターフェイスのアノテーションから直観的に定義し、モックとして利用できることから、テスト開発者はテストシステム(SUT)の挙動に集中でき、通信を実装する際のエラーや不整合を効率的に排除することができます。CANoeは自動テスト、システム環境を表す追加モデルの統合、障害シミュレーションをサポートします。

 

優位性

Vector CANoeによるMQTT通信

CANoe Connectivity Features Serviceはバックエンドやローカルブローカーを介したテスト対象システム(SUT)へのアクセスをシンプルにしますが、その他にも以下のような優位性を備えています。

  • プロトコル固有の特性を暗黙的に処理: CANoeによる暗号化通信の設定など
  • システム環境をシミュレーションするために他のモデルを追加
  • バックエンドおよびIoTデバイスを実環境と仮想環境で修正を加えることなくテスト可能
  • バックエンドとIoTデバイスのテストを継続的に同期: 双方で同じインターフェイスを使用するため、MQTTインターフェイスに加えた変更が常に整合
  • 同種のツールチェーンを簡単に起動
  • 自動テストと継続的インテグレーションへの組み込みをサポート
IoTアプリケーションのためのCANoe

Connectivity Feature Serviceは、バックエンドやローカルブローカーを介してテスト対象システムを簡単に接続することのできる、CANoeの無償の拡張機能です。

詳細はこちら
CANoe4SW

サイバーフィジカルシステムのソフトウェアの開発、テスト、解析を目的とした包括的なツールです。

詳細はこちら

プロジェクト解析

品質、プロセス、標準の概要

Squoreは意思決定を支援する革新的なダッシュボードが装備されています。これを通じてソフトウェア開発の品質管理をシンプルにし、プロジェクトのパフォーマンスとソフトウェア品質を高め、プロセスと標準に対するコンフォーマンスを保証することができます。

Squore/Software Analyticsは、プロジェクトのライフサイクル全体を通して、さまざまなツールの情報を自動的に収集して集計します。

これを利用して、ユーザーはソフトウェア製品とその開発プロセスに対する包括的かつ経時的な洞察を得ることができます。

Squoreの主な洞察

  • 総合評価
  • トレンド解析
  • 予測
  • プロジェクトの比較
Squore

Augmented analytics for efficient decision-making in project monitoring.

Go to Page

関連ページ

Vector Beyond Automotive

How Vector development tools simplify tasks in non-automotive industries.

Go to Page
テスト分野

ベクターのテスト分野ツールを使用して、シミュレーション環境とテスト環境を包括的に実装できます。

詳細はこちら
Cost Savings

How much cheaper is preventing bugs with early testing? Find answers on our blog.

Visit coderskitchen.com
Coders Kitchen Blog

Expert knowledge about software testing and software quality.

Visit coderskitchen.com