ベクターのeモビリティテストソリューション
ベクターのソリューションで一歩先へ

充電通信テストのためのツールとサービス

ベクターのeモビリティテストソリューションには、電気自動車(EV)と充電ステーション(EVSE)の間の充電通信を解析、シミュレーション、テストするための多彩なツールが含まれています。これらのツールはあらゆる統合レベルで、シームレスに利用できます。

 

  • 通信スタックのみ利用可能で、ハードウェアに依存しないソフトウェアレベルから
  • 完全なEVやEVSEの機能を含むシステムレベルまでを
  • 実績あるベクターの品質でカバー

 

Graphic of the V-model with seamless application areas of the Vector E-Mobility Testing Solution
The V-model: Seamless application of the Vector E-Mobility Testing Solution at all integration levels

ツールの早わかりガイド:

解析 | シミュレーション | テスト

充電通信の解析、シミュレーション、テスト

CANoe.SmartCharging

 

CANoeオプションSmartChargingは、CANoeを拡張し、充電中の電気自動車(EV)や充電ステーション(EVSE)の通信動作をシミュレーションするためのオプションであり、EVやEVSEの充電制御デバイスの開発中、通信パラメーターをさまざまな値に変化させて通信相手を柔軟に模擬し、コントローラーの機能を検証するのに最適なツールです。

テスト

EV/EVSEのコンフォーマンス/相互運用性の自動テスト

CANoeテストパッケージEV

 

CANoeテストパッケージEVはコンフォーマンステスト生成ツールです。これを使用することにより、国際的な標準規格であるCCSとGB/Tに対する電気自動車(EV)の適合性と相互運用性をテストできます。CANoeテストパッケージEVは主要なテストシナリオをカバーするだけでなく常に最新の仕様に対応し、わかりやすく実装されていて変更も容易です。

テスト

CANoeテストパッケージEVSE

 

CANoeテストパッケージEVSEはCANoeテストパッケージEVと構成は同じですが、充電ステーション(EVSE)の充電通信の適合性と相互運用性をテストするためのテストケースを提供します。
本製品は2021年第3四半期のリリースを予定しています。

解析

CCS充電通信の解析

VH5110(CCSリスナー)

 

VH5110は「CCSリスナー」とも呼ばれ、これを使用することで、充電ステーション(EVSE)と電気自動車(EV)の間のCCSプロトコルに基づく通信を解析できます。VH5110は電力線通信(PLC: Power Line Communication)の技術を使ってControl Pilot (CP) ライン上でやり取りされる通信データをモニターすると同時に、パイロット信号のPWMパラメーターも測定します。

シミュレーション | テスト

スケーラブルなモジュール式テストシステム

VTシステム

 

ベクターのVTシステムは、電気自動車や充電ステーションの充電コントローラーをテストするのに必要な、あらゆるハードウェアを装備しています。VT7970(Qualcomm PLCチップ)およびVT7971(Vertexcom PLCチップ)を使用すれば、CCS標準規格に対応する専用のハードウェアインターフェイスとして利用できます。
VTシステムでは通信だけでなく、コントローラーの入出力インターフェイスもテストできます。

テスト

フル装備のテストシステム

 

ベクターでは、電気自動車と充電ステーションのテストを目的とした、あらゆる充電規格に対応する完全なテストシステムを提供します。CCS規格の場合であれば、テストシステムはCCTS (CharIN Conformance Test System) 仕様がベースとなります。お客様固有の拡張にも随時対応しています。

テスト

組み込みシステムのための自動テストシーケンス

vTESTstudio

 

vTESTstudioは自動テストを作成するための高機能な開発環境で、これを使用してCANoeテストパッケージEV/EVSEのテストケースを編集できます。

テスト

AUTOSARソフトウェアの仮想開発およびテスト

vVIRTUALtarget

 

vVIRTUALtargetは、一般的なあらゆるAUTOSARプロジェクト向けの仮想ECUを生成するソフトウェアです。そのためハードウェアに依存せずに(SIL)、CANoeテストパッケージEVのテストケースを充電コントローラーの組み込みソフトウェアに対して実行できます。

ノウハウ

動画

Live Recording
Live Recording
Execution of automated conformance & interoperability tests (2 min.)
Short Lecture
Short Lecture
Analyse Smart Charging Communication in Spite of TLS Encryption (11 min.)

テクニカルアーティクル: "Smart Testing of Conformance and Interoperability(英語版)"

The common practice for ensuring interoperability is to test e-vehicles manually using a large number of real charging stations. In view of the increasing number of different e-vehicles and charging stations, this approach is reaching its limits. This article shows how it can be done faster, more cost-effectively and with significantly higher test coverage.

執筆者: Jan Großmann
eモビリティテストソリューションマネージャー

eモビリティのその他のノウハウ

E-モビリティ

ベクターはEVシフトにおける開発において、さまざまなソリューションを提供しています。

詳細はこちら
GB/T 27930ノウハウ

GB/T 27930は電気自動車のバッテリー充電に使用される中国の標準規格です。充電システムにはこの他にも、欧州と米国のメーカーが採用しているCCS (Combined Charging...

詳細はこちら