計測技術の開発トレンド
計測技術の開発トレンド

ページナビゲーション

測定トレンド

デジタルトランスフォーメーション、そして内燃機関から電気モーターへの変化に伴い、開発技術者と自動車メーカーは今、まったく新しい課題に直面しています。このような変化に対応するには、新たな分野の品質要件を充足する数々のノウハウと、新しいツールやソリューションが欠かせません。そして、まさにそのニーズにお応えするのが、ベクターとCSMが提供する、電気自動車開発に特化した高電圧測定システムです。

迅速かつ正確:電動機における電圧/電流波形を取得

駆動効率がシステム全体の成功の鍵を握るため、電動パワートレインの開発において電圧や電流の波形を迅速に取得、解析することが繰り返し行われるアプリケーションとなっています。このアプリケーション例では、三相誘導同期電動機の電圧と電流をリアルタイムで測定および解析する、実際の測定構成について説明します。

安全:第一高電圧バッテリーの温度測定

eモビリティの要となる電気自動車のバッテリーは、たとえばECE R100への適合を確認するなどの目的で、開発時や量産前に徹底的にテストされます。そしてその中でも重視すべきなのが、本アプリケーションで取り上げる温度測定です。

電気をわかりやすく視覚化: EV内に配置された高電圧ケーブルのシールド電流を測定

高性能な電気自動車、商用車、バスなどの高電圧電気システムの開発は複雑な作業であり、そこには解決すべき数々の課題があります。長い航続距離、優れた応答性、スムーズな操作は快適なドライビング・エクスペリエンスには不可欠です。また、EMCとホモロゲーションの要件は必須であり、高電圧のスイッチングで生じるシールド電流を抑制しなければなりません。

テスト: 電気自動車の高電圧配線システムの妥当性確認

ドライブトレインの電動化は、高電圧コンポーネントが国内外の規制(例:ECE-R 100)や標準規格(例:ISO 7637-4)の対象であることから、より厳格で新しい要件が課せられるようになりました。これらのコンポーネントには機能性、安全性、堅牢性、軽量、効率的といったことが同時に求められます。これらの要件がシステムのさらなる複雑化を招いています。

検証:電気自動車とハイブリッド車のエネルギー消費量

EUにおける新型乗用車の型式承認では、新しい「乗用車等の国際調和燃費・排ガス試験方法(WLTP)」に準拠した規制への適合が義務付けられています。これは純電気自動車やプラグインハイブリッドにも適用されます。このWLTPでは、範囲を判定するために消費される電気エネルギーもまた正確に測定しなければなりません。プラグインハイブリッド車では、バッテリーが空の状態で測定(充電枯渇テスト)を行えるようになるまで運転サイクルを複数回繰り返す必要があります。これによって純粋な電気的範囲を判定します。また、完全な充電プロセスにおける車両へのエネルギーの流れも測定しなければなりません。

関連製品

計測技術

ベクターの高性能ツールは、測定データを同期的に記録できる信頼性の高いシステムを提供します。

詳細はこちら
vMeasure exp

複雑な測定タスクを確実に解決

詳細はこちら
CSM MiniModuleシリーズ

アナログ信号をCAN・EtherCAT®に変換

詳細はこちら
vMeasure log

vMeasure logで複雑かつ高度なロギングタスクを簡単に

詳細はこちら
vSignalyzer

測定データの表示、評価、文書化のためのプロフェッショナルツール

詳細はこちら
vMDM

プロフェッショナルな測定データ管理

詳細はこちら