計測テクノロジー
計測チェーン全体を完全マスター
計測テクノロジー
計測チェーン全体を完全マスター

概要

計測テクノロジーのトピックは非常に多様です。様々なソースからのデータを記録し、視覚化して、さらに保存する必要があります。時間同期を確実にするために、実際の計測値に加えてタイムスタンプも必要です。

アナログ計測

温度、機械的応力、回転速度は物理値のほんの一例に過ぎません。関連する物理量も計測中に演算します

 

CSM測定モジュール ベクターのパートナーであるCSM社の計測モジュールは、非常にコンパクトで、効率性に優れ、動作温度の全範囲で高い精度を維持します。

e-Drive向け高電圧

電圧、電流、電力は高電圧に関連する値のほんの一例です。MHzレベルのサンプリングレートで、関連する物理値も計測中に演算します。

CSM高電圧計測モジュール ベクターのパートナーであるCSM社の高電圧計測モジュールは、高電圧電源ケーブルからの安全な計測のために特に設計されており、チャンネルごとに最大2HMzのデータ取得が可能です。
eMobilityAnalyzer eMobilityAnalyzerはEV開発のための関数ライブラリです。これは計測中にオンラインで、またはvMDMを使用した計測ファイルにオフラインで使用することもできます。
スマートロガー eモビリティのためのパワフルなロギングソリューション

ADASとECU

あらゆる種類の組込みシステム、たとえば従来のECU、ADASフュージョンECU、ADASセンサー、自動車のコンピューターなどからのデータ取得は、プロトコルとバスシステムを介して、またはコントローラーまたはプロセッサーの専用のインターフェイスを介して行われます。

XCP (Universal Measurement and Calibration Protocol) は組み込みシステムのメモリーの読取りおよび書込みアクセスを提供します。
最大限のデータ転送レートでの、ECUおよび画像センサーなど向けの拡張性の高いインターフェイスです。
DLT 診断ログおよびトレースプロトコルにより、ECU内のアプリケーションおよびソフトウェアからの情報の転送が可能になります。このプロトコルにより、診断、ログおよびトレース情報をEthernet経由で送信できます。これはCANapeでサポートされています。
Scalable service-Oriented MiddlewarE over IPは、リモートプロシージャ呼出し、イベント通知、下位のネットワークをサポートする通信プロトコルです。サービス指向のデータ転送では、送信者はネットワーク上で1つ以上のレシーバーが登録されている場合のみデータを送信します。これはCANapeでサポートされています。

Ethernetハードウェアとバス計測テクノロジー

拡張インターフェイスハードウェアソリューションを使用することにより、従来のバス計測テクノロジーをEthernet計測テクノロジーと同様に使用できます。

車載Ethernet Ethernetテクノロジーは、車載通信、計測およびキャリブレーション、DoIPによる診断、その他多くの用途で使用されています。
CAN/CAN FD/LIN/FlexRay ベクターは、CAN/CAN FD、LIN用のインターフェイスだけでなく、ベクターのソフトウェアツールやお客様固有のソリューションで使用するドライバーソフトウェアおよびプログラミングインターフェイスを提供しています。

車載ロギング

純粋なCANバスロギングから複雑なADASセンサー、車載コンピューターから高電圧アプリケーションまで、異なるデータソースや目的には異なるソリューションが必要です。

スマートロガー eモビリティとADAS開発のためのインテリジェントなロギングソリューション
GLロガー 自家用車および商用車両向けのGLロガーファミリー

 

データ評価

シンプルなデータの可視化から、クラウドでの複雑なアルゴリズムを使った自動評価までカバー。

vMDM 計測データに特化したサーバー管理システム
計測データの解析と評価 過去の計測データを簡単に処理し評価

お問合せ

計測テクノロジーについてご質問がありましたら、ぜひご遠慮なくご連絡ください。

関連ページ

計測技術の開発トレンド

電気自動車開発に特化した高電圧測定システム

詳細はこちら
高電圧車両システムの妥当性確認

パワートレインの電動化に伴い、安全工学の分野ではより厳格で新しい要求が生じています。

詳細はこちら