ECUのXCPプロトコル
XCPのECUへ統合

ドライバーとインターフェイスをECUに容易に統合

XCPはECU内部データにアクセスするための標準化された測定およびキャリブレーションプロトコルです。ベクターでは次の3種類のオプションを提供しています。

  • 弊社のダウンロードセンターからXCPドライバー(無償)をダウンロード。ドライバーには測定/キャリブレーションの基本機能が含まれています 
  • ご使用のECUに組み込んだMICROSARまたはCANbedded XCPソフトウェアコンポーネントを使用
  • VX1000ソリューションで、VX1000ベースモジュールとご使用のコンピューターアプリケーション(CANapeなど)間の通信プロトコルとしてXCPを使用

ECU内部シグナルへのアクセス

以下のソリューションを利用すると、ECUへのハイパフォーマンスなアクセスを実現できます。

CANbedded XCPソフトウェアモジュールをECUに統合 XCP Professional
MICROSAR XCPソフトウェアモジュールをECUに統合 MICROSAR XCP
VX1000をXCPインターフェイスとして使用 VX1000
XCP基本ドライバー(無償) ダウンロード一覧

 

XCPの参考資料

Photo XCP refence book as printed version and e-book
測定およびキャリブレーションプロトコルの基礎

参考資料「XCP-ECU開発用標準プロトコル~基礎と応用分野~」では、測定およびキャリブレーションプロトコルであるXCPの基礎と応用分野を説明しています。PDF形式のダウンロードが可能です。

ダウンロード:

XCPソリューション

XCPを全製品でサポートすることにより、ベクターは開発プロセスのあらゆる場面でお客様に最適なソリューションを提供します。

 

トレーニング

Training at Vector

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。