ECUキャリブレーション
データの記述

データの記述の概要

ECUアプリケーションでは、以下の3つの記述ファイルが重要な役割を果たします。

  • ECUの内部変数
  • 多様な通信ネットワーク
  • 診断サービス/データおよびフラッシュプロセス
画像:3つの記述ファイル

CANapeには、あらかじめすべての記述ファイルに対応する各種ビューアーとエディターが用意されているため、容易に表示と編集ができます。 また、A2L、ARXML、DBC、FIBEX、LDF、CDD、ODXファイルなどを容易に作成できる、専用のオーサリングツールも用意されています。

ファイル形式
CANape のサポート
関連製品
A2L
ASAP2 Editorによる編集
ARXML
AUTOSAR Explorerによる視覚化
DBC
CANdb++ Editorによる編集
LDF
LIN Explorerによる視覚化
FIBEX
FIBEX Explorerによる視覚化
CDD CDD Viewerによる視覚化 CANdelaStudio
ODX-C, ODX-D ODXStudio Viewによる視覚化 CANdelaStudio
ODX-F ODXStudio Viewによる視覚化 ODXStudio

ECU内部パラメーターの記述ファイル

記述ファイルにより、ユーザーは、シンボル名を使用して、ECUの内部パラメーターにアクセスできます。A2Lファイルは、あらゆる測定とキャリブレー ション操作の基本的なコンポーネントです。注意すべき点は、CCP、XCPの各プロトコルが、操作ではアドレス単位であることです。ユーザーがシンボル名 でオブジェクトを選択し、CANapeが、A2Lから関連するアドレスを取得し、ECUとの通信に使用します。

 


A2Lデータベースの内容

ASAP2記述ファイル(別名: A2L)には、特性(パラメーター、特性カーブ、特性マップ)、実および仮想測定変数、バリアントの依存関係など、ECU内の関連データオブジェクトに関する情報がすべて含 まれています。各オブジェクトには、メモリーアドレス、ストレージ構造、データ型、物理単位に変換するための変換規則などの情報が必要です。また、A2LにはCANapeとECU間の通信用のパラメーターも含まれています。


ECU内部変数のデータ記述を支援

CANapeにはASAP2形式のECU記述ファイルを簡単に編集できるエディターが内蔵されています。また、ECU記述ファイルの操作には、以下のツール(別売)をご利用いただけます。

ASAP2ファイルの生成、更新、マージおよび比較
ASAP2ファイル読込みのための関数ライブラリ

A2Lファイルの生成

手動での生成

リンカーマップファイルの情報を使用すれば、CANapeからA2Lファイルの生成が行えます。通信固有のデータをA2Lで定義するには、CANape(XCP on FlexRay、CCP on CANなど)で適切な新しいドライバーを作成して、設定を保存する必要があります。

ECUの測定パラメーターおよびキャリブレーションパラメーターは、オブジェクト名を使用してリンカーマップファイルから選択できます。また、エディターを使用 すれば、最小値、最大値の入力、グループ分け、変換規則とストレージスキームの定義など、その他すべての設定が簡単に管理できます。

Cコードパーサーによる自動生成

Cコードで記述された特殊なコメントは、A2L Creatorが解析します。A2L Creatorは、ASAP2 Tool-Set のコンポーネントとして提供されます。

ソフトウェア開発者は、並列データベースでオブジェクトを再び定義する必要はなく、Cコードでコメ ントの形式で定義します。このため、コードと別個のデータベースの間で矛盾が生じるリスクが最小限に抑えられます。ソフトウェア開発者は、適切なポイント でコードを直接変更します。また、コメントは、そこに配置されるので、開発者はすべての変更を1箇所で行うことができ、別のツールで変更を更新する必要が ありません。

パーサーは、Cコードを検索してコメントを探し、コメントから部分的なA2Lを生成します。A2Lでは、測定パラメーター、キャリブレーションパラメーターが表示されます。
A2Lの通信セクション、複雑な変換規則を含む他の部分的なA2Lファイルは、別のステップでマージして完全なA2Lに変換し、リンカーマップファイルの現行アドレス情報で更新できます。

Graphic automatic ASAP2 generation process with ASAP2 Tool-Set
ASAP2 Creator、Updater、およびMergerでASAP2生成プロセスを自動化する。ASAP2 ComparerおよびModifierでASAP2ファイルと特定の変更結果を比較する。ASAP2 CheckerでASAP2ファイルに構文上のエラーや意味上のエラーがないかを確認する

アドレスの更新およびA2Lファイルのマージ

CANapeのASAP2 Editorは、リンカーマップファイルからアドレス情報、データ型情報を読込んで、A2Lファイルを更新します。また、ASAP2 Editorを使用して、既存のA2Lファイルを部分的なサブファイルに細分、またはそれらを再びマージすることができます。

 

自動化されたビルドプロセスを設定する際に、ASAP2 Tool-Setは、ASAP2 Creator、ASAP2 Updater、ASAP2 Merger、ASAP2 Comparer、ASAP2 CheckerおよびASAP2 Modifierの各プログラムによるサポートを提供します。

サポートされるコンパイラーとマップファイル形式

  • 標準(CANape固有の形式)
  • Archimedes HC11
  • Borland C++(16ビット)、Borland C++(32 ビット)
  • COFF、COFF/DWARF
  • Cosmic
  • DIABDATA
  • ELF/DWARF/NEC
  • Fujitsu Softune MP1/MAP、Fujitsu Softune MPS
  • Greenhill Multi 2000
  • GNU、GNU C16x、GNU VxWorks、GNU 68k
  • Hitachi HEW SH7055
  • HiTech 68HC05 and H8S
  • Hiware HC12
  • IAR
  • ICCAVR
  • IEEE (Tasking、Cosmic、Microtec)
  • ISI MatrixX
  • Keil 16x、Keil 16x (Static Symbols)、Keil 8051
  • LN308 (MITSUBISHI) for M16C/80
  • Metroworks
  • Microsoft (Standard VC8、Microsoft Extended、PDB)
  • Microware Hawk and Hawk Plug&Play ASCII
  • NEC CC78K/0 v35
  • OMF96、OMF96 (Tasking C196)、OMF166 (Keil C166)、OMF251 (Keil C251)
  • Renesas M32R/M32192 ASCII
  • SDS
  • Tasking ASCII 16x (M166)
  • Texas Instruments TMS470、C6711
  • UBROF
  • VisualDSP
  • VisualDSP DOS
  • Watcom

上記以外の形式が必要な場合は、 こちらまでご連絡ください。

多様な通信ネットワークの記述ファイル

Screenshot CANdb++ Editor
CANdb++ Editorを使って簡単にDBC形式のCAN記述データを編集することができます

CANapeは、ECUの内部パラメーターの編集だけでなく、CAN、LIN、FlexRayの各バスシステムのデータストリームにアクセスすることもできます。個別の記述ファイルは形式が異なっており、ベクターのDBC形式はCANバスの業界標準として確立されています。LINバスの記述形式としては、 LINコンソーシアムがLDF形式(LIN記述ファイル)を定義しています。ASAM e.Vの指揮下で開発されたFIBEX(Field Bus Exchange)形式は、バスに依存しない形式で、現在、FlexRay用に使用されています。

DBCファイルを表示、作成するためのエディターは、CANapeに統合されています。

バスシステム
形式
CANapeのサポート
CAN
DBC
CANdb++ Editorによる編集
LIN
LDF
LDF Explorerによる視覚化
FlexRay
FIBEX
FIBEX Explorerによる視覚化

診断およびフラッシングの記述

CANapeでは、KWP2000とUDSの両プロトコルによる診断データおよびサービスへのアクセスが可能です。これにはODXまたはCDDのいずれかの形式による記述ファイルが必要です。

OBDデータへのアクセスでは追加の記述ファイルは必要ありません。必要な情報はあらかじめCANapeに登録されています。CANapeはODXおよびCDD形式の診断データを読み込み、統合されているビューアーにそれらを表示します。

さらに、CANapeはvFlashプロジェクトを利用して、CCP/XCPおよび診断プロトコルによるフラッシュもサポートします。

ファイル形式
CANapeのサポート
データ編集ツール(別売)
ODX
ODXStudio Viewerによる診断データおよびサービスの視覚化とそれらへのアクセス
CDD
CANdelaStudio Viewerによる診断データおよびサービスの視覚的とそれらへのアクセス
vflash、
vflashpack
vFlashプロジェクトを利用したECUのリプログラミング