データの記述
ユーザーフレンドリーな表示と記述ファイルの編集

ECUキャリブレーションのデータ記述

A2L記述ファイルを使用すると、シンボル名で制御装置の内部変数にアクセスできます。A2Lファイルは、XCPおよびCCPプロトコルを使用するあらゆる測定および適合操作の基本となるコンポーネントです。

内部ECUパラメーターの記述ファイル

ASAP2データベースの内容
ASAP2記述ファイル(別名: A2L)には、パラメーター、マップ、実測定変数および仮想測定変数、構造、バリアントの依存関係など、ECU内の関連データオブジェクトに関する情報がすべて含まれています。これらの各オブジェクトには、メモリアドレス、ストレージ構造、データタイプ、物理単位に変換するための変換規則などの情報が必要です。さらにA2Lファイルには、XCPマスター(CANapeなど)とECU内のXCPスレーブ間の通信に関するパラメーターも含まれています。

A2Lファイルの生成と編集

手動での生成

A2Lファイルは、ASAP2 Studioを使用して手動で生成することができます。

リンカーマップファイルから測定および適合値を選択してください。最小/最大値の指定や変換規則の定義といったその他の設定は、いずれも使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスで定義できます。

 

Simulinkからの生成

無料のSimulink XCP Server(Vector MATLAB/Simulink MCアドオン、ダウンロードセンター)を使用すると、適合するA2LをSimulinkモデルから直接生成できます。

 

バッチプロセスでの生成

ASAP2 Tool-Setでコード生成プロセスを拡張することにより、使用しているソフトウェアのバージョンに合わせた、完全なA2L記述を自動的に生成できます。

Graphic automatic ASAP2 generation process with ASAP2 Tool-Set
ASAP2 Creator、Updater、およびMergerでASAP2生成プロセスを自動化する。ASAP2 ComparerおよびModifierでASAP2ファイルと特定の変更結果を比較する。ASAP2 Checkerでこれらのファイルに構文上のエラーや意味上のエラーがないかを確認する。

A2Lファイルの作成、編集用ツール

ECU内部変数のデータ記述をサポート

 

A2L形式のECU記述ファイルを手軽に編集できるように、CANapeとASAP2 Tool-Setのどちらにも、ASAP2 Studioがエディターとして用意されています。さらに、次の製品もECU記述ファイルの処理に利用できます。

A2Lファイル作成を含むコード生成プロセスの拡張 ASAP2 Tool-Set
A2Lファイル読込み/書込み用の関数ライブラリ ASAP2 Lib