ECUキャリブレーション
徹底解説

ECUキャリブレーションの概要

ECUキャリブレーションは、実行時の測定とキャリブレーションの反復プロセスで、ECUアルゴリズムのパラメーターを最適に調整することを目的としています。

ベクターのシステムソリューションは、多面的で特殊化したハードウェアおよびソフトウェアツールで構成され、測定、キャリブレーションから、診断、多様なECUインターフェイスのフラッシュまでお客様の幅広い業務に対応します。弊社の包括的なソリューションは、機能の開発から、バイパスおよびラピッドプロトタイピングのためのソリューション、さらにはパイロット段階や量産体制でのテストベンチアプリケーションやテスト走行に至るまで、開発プロセス全体にわたってお客様をサポートします。キャリブレーションデータ管理システムでは、高いデータ品質を維持しながら効率的でプロセスに従ったデータ管理を行うことができます。

ベクターには測定およびキャリブレーション分野における長年のノウハウがあります。ECUサプライヤーや自動車メーカーは、高性能なソフトウェア/ハードウェアソリューションを利用することで、このノウハウを活用できます。

測定とデータ管理

柔軟な測定データ記録

以下のツールを用いると、CCP/XCP、KWP2000、UDSなどのECU内部シグナルをはじめ、CAN、LIN、FlexRay、Ethernet、MOSTバスや外部計測技術からのシグナルを、時刻同期された状態でリアルタイムに取得、視覚化することができます。

 

ECU測定/キャリブレーション用のオールラウンドツール
データ伝送速度を最大限にするスケーラブルな測定/キャリブレーションハードウェア
Ethernet/BroadR-Reach®とCANに対応するネットワークインターフェイス
アナログ計測技術については、測定データを取得、解析、管理できる高性能なソフトウェアポートフォリオを完備
アナログ計測
さらに表示

測定データを専門的に管理

vMDMは、開発、ベンチテスト、車両テストで発生する大量のデータを効率的に管理できるソリューションです。ユーザーはサーバーベースまたはクラウドベースのバリアントを使用することで、CPU負荷の高い測定データ解析、分類の作成、レポートの生成を行うことができます。vMDMを利用すれば、分散型のチーム間で簡単にデータを共有、交換できます。

さらに表示

キャリブレーションとデータ管理

パラメーター値の変更が簡単

以下のツールを用いると、パラメーター値を簡単かつ効率的にキャリブレーションできます。

ECUアルゴリズムのパラメーターをECU上でオンラインキャリブレーションすることも、HEXファイル形式でオフラインキャリブレーションすることも可能
ECUキャリブレーションで作成されたパラメーターを容易に表示、比較、編集可能
データベース対応プラットフォームを用いて、複数のチーム間でキャリブレーションデータを効率的に管理 vCDM
100MB/秒を超える最大データ転送速度を実現するスケーラブルな測定/キャリブレーションハードウェア
さらに表示

キャリブレーションとコンフィギュレーションデータの一元管理

以下のツールを用いると、キャリブレーションデータを簡単かつ効率的に管理できます。

ECUキャリブレーションで作成されたパラメーターを容易に表示、比較、編集可能
データベース対応プラットフォームを用いて、複数のキャリブレーションチーム間でキャリブレーションデータを効率的に管理 vCDM
さらに表示

解析と評価

vSignalyzer、CANape、vMDMには、あらゆるタイプの測定データを効率的に解析できる各種機能があります。

 

vSignalyzerは、あらゆるタイプの測定データを効率的に評価、解析できる便利なツールです。データの視覚化から、手動/自動解析機能やレポート生成機能に至るまで、さまざまなオプションがあります。
CANapeには、過去の測定で得たデータを手動または自動で簡単に処理、評価できる各種オプションがあります。
vMDM(Vector Measurement Data Management)は、開発、テストベンチの運用、車両テストで発生する大量のデータを効率的に管理するためのソリューションです。 vMDM

診断とフラッシュ

ラボや実車での詳細なECU診断

以下のツールを用いると、信頼性の高いECU診断を容易に行うことができます。

CANapeの統合型診断機能セットには本格的な診断テスター機能が備わっており、診断データや診断サービスへのシンボリックアクセスが可能
使いやすい診断テスター。通信に必要な多くの設定は自動で行われるので、面倒な通信プロトコルの設定が不要
CAN上での診断や、CANoeを使用したIP経由の診断が可能
さらに表示

信頼性の高いECUリプログラミング

以下のツールを用いると、ECUのリプログラミングを簡単かつ確実にすばやく行うことができます。

CCPとXCPを使用したフラッシュプログラミング
CAN、CAN FD、FlexRay、LIN、Ethernet(DoIP)経由ですばやく簡単にプログラミング(リプログラミング)
CAN、LIN、FlexRay、Ethernet経由でプログラムおよび自動車関連データのフラッシュを行うための組込ソフトウェア
さらに表示

ECUドライバー

ベクターでは、ECUへのCCPまたはXCPの無償サンプル実装を始めとする幅広いサポートに加え、ECUソフトウェアのあらゆる面についての包括的なコンサルティングおよび統合サービスも提供しています。

その他のユースケース

内部ECUパラメーターの記述ファイル

以下のツールを使用することで、 ECU内部変数のデータ記述をサポートします。

ASAP2形式のECU記述ファイルを便利に編集
ECU記述ファイルを簡単に作成、編集
ASAP2ファイル読込み/書込み用の関数ライブラリー

記述ファイルを使用すると、シンボル名で内部ECUパラメーターにアクセスできます。A2Lファイルは、あらゆる測定操作やキャリブレーション操作の基本要素となります。 

さらに表示

 

ラピッドコントロールプロトタイピングには、ECUソフトウェア全体を置き換えすることなく制御アルゴリズムをすばやく効率的にテストできるメカニズムが備わっています。このアプローチは、物理ECUと仮想ECUのどちらにも適用できます。ベクターでは、制御アルゴリズムの開発、スティミュレーション、データフュージョン、シミュレーション、バイパスに関する幅広いサポートを提供しています。

さらに表示

エンジニアリングサービス

ベクターはお客様がECUキャリブレーションタスクに完全に集中できるよう、自社のノウハウと、その他さまざまなタスクに合わせてカスタマイズされた包括的なソリューションによってお客様をサポートします。

ノウハウ

ベクターのツールチェーンによってプロジェクトがいかに効率化されるかをご紹介します。
価値あるノウハウをご活用ください。

  • テクニカルアーティクルとケーススタディー
  • 各種製品資料
  • 機能紹介ビデオとオンラインセミナー(録画)
  • 製品説明
  • デモバージョン
  • トレーニング

基礎

アプリケーションノート

「CANapeからA2Lファイルを作成する方法」、「CANapeとMATLAB間のインターフェイスプログラミング」、「CANape ASAM-MC3インターフェイス」などの詳細情報(英語版)

 

オンラインセミナー(英語版)

ベクター・グループで実施されたオンラインセミナーの動画を掲載しております。主に、ビギナーユーザー様向けにベクター製品の使い方やツールデモをご紹介する動画で、随時更新されています(英語版のみ)。

 

 

製品説明

ベクター製品の詳細説明とともに、ECUキャリブレーションプロジェクトを促進させる方法について詳しく説明します。

 

デモバージョン

トレーニング

[Translate to 日本語:] Photo training at Vector

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。