診断
車両診断開発プロセスにおけるプロセス指向アプローチ

CANdelaアプローチ

CANdelaアプローチは、実際のさまざまな自動車開発プロジェクトにすでに用いられている、実績ある手法です。このアプローチならば、時間とコストを大幅に節約できると同時に、製品品質の向上に繋がります。

 

     

アプローチ

  • 新機能を備えた車種の登場で増え続けるECUが抱える診断機能開発の課題に対応するソリューション
  • 開発プロセスの上流で高品質の仕様書を作成することに主眼を置いた、「フロントローディング」と呼ばれるプロセス指向アプローチ
  • マシンリーダブルなデータベースを正とした診断仕様書
  • 誤解を防ぐ独自の診断データベース
  • データベースを参照したECU組込ソースコードの自動コンフィギュレーション
  • ECU自動評価、診断テスター向けデータにも流用
  • 既存のツール環境への統合を容易にするオープンインタフェースとフォーマット変換

さまざまな診断仕様を包含

画像:診断ソリューション

CANdelaアプローチは、自動車メーカーの固有診断仕様を「診断テンプレート」として用意し、個々のECU診断データベースがそのテンプレートから外れたものにならないような仕組みを持っています。

シングルソースの原則

画像:シングルソースの原則

ツールを利用して、診断要求をXMLデータベース(これを正としたシングルソース)で一元管理することで、診断データの一貫性が保たれます。このデータベースは、後工程のECU組込ソースコードのコンフィギュレーション、実装後の診断機能自動評価、診断テスターへのECUデータ提供に流用できます。

 

関連ページ

診断/リプログラミング用ツール

ベクターでは、開発プロセスの効率性向上と品質向上を同時に実現する連携型の診断/リプログラミングツールを提供しています。

詳細はこちら
自動車メーカーおよびサプライヤー向けのメリット

CANdelaアプローチを用いることで、全体的な開発プロセスを短縮し、従来の手法よりもプロジェクト完了を前倒しできます。

詳細はこちら
導入事例とアーティクル

テクニカルアーティクルと導入事例の一覧

詳細情報
Diagnostic Engineering Services

Services with comprehensive know-how in diagnostics.

More about Engineering Services
Solutions for ODX

Vector products that handle ODX diagnostic data.

More about Solutions for ODX
OBD

オンボード診断(OBD)のツールとサービス

詳細はこちら