診断とリプログラミング
開発効率をさらに向上

診断/リプログラミング用ツール

ベクターでは、開発プロセスの効率性向上と品質向上を同時に実現する連携型の診断/リプログラミングツールを提供しています。

診断ツールは、診断仕様のデータベース化から、ECU自動コードの生成、統合、検証、診断テストに至るまで幅広くサポートしています。  既製のリプログラミングツールは、ECU開発段階から量産開始後のリプログラミングに至るまで、ライフサイクル全体を通したあらゆるユースケースに対応します。

AUTOSAR、DoIP、WWH-OBD、ODX、UDSなどの診断に関わる標準規格に対応しています。

 

ツールとサービス

最適に連携するツールを利用して、効率性と品質を向上できます。

 

診断仕様のデータベース化
テンプレートに基づいて、ユーザー指向でECU診断仕様をデータベース化するオーサリングツール。ODXデータのインポート/エクスポートもサポート CANdelaStudio
ODX 2.0.1および2.2.0形式で診断データを表示、編集、比較できるオーサリングツール ODXStudio
ECUソフトウェアコンポーネント
ECUに診断機能をすばやく確実に統合できる診断用ソフトウェアコンポーネント CANdesc
診断用AUTOSARベーシックソフトウェア: DCM(Diagnostic Communication Manager)およびDEM(Diagnostic Event Manager) MICROSAR DIAG
診断テスター
ECU単体にも車両全体にも、さらにはリモート診断にも使用できる簡単で特に使いやすい診断テスター Indigo
検証
診断仕様データベースを参照したテストケースの自動とECU診断機能の実装を自動検証 CANoe.DiVa
フラッシング
CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、Ethernet(DoIP)経由でECUをすばやく簡単にリプログラミング。リモートリプロにも対応 vFlash
自動車メーカー固有の多数のバリアントおよび多数の各種マイクロコントローラーでECUを簡単、効率的かつ安全にリプログラミングできるコンパクトな汎用ソリューション Flash Bootloader
リモート診断/リプログラミングおよび診断スクリプト実行ハードウェア
車両診断などのさまざまな用途に使用できるインテリジェントな診断用ハードウェア。OBDソケットを介して車両へ簡単にアクセスすることができます。 VN8810
エンジニアリングおよびコンサルティング
診断データの作成、ODX AGL作成コンサルティングから、ご要望を実現する製品カスタマイズを含めたエンジニアリングサービス エンジニアリングサービス
ワークショップおよびセミナー
診断関連のトレーニング:製品ワークショップ、お客様に合わせた技術セミナー(ODXなど) トレーニング

ツールチェーン

診断開発プロセスのツールチェーン

このVモデルは、ベクターの高性能なソフトウェアツール群を表しています。診断仕様のデータベース化から、ECUソフトウェアの実装、統合および機能テストに至るまで、完全な自動車診断開発プロセスのフェーズごとに、それぞれ適したツールが用意されています。

関連サイト

自動車メーカーおよびサプライヤー向けのメリット

CANdelaアプローチを用いることで、全体的な開発プロセスを短縮し、従来の手法よりもプロジェクト完了を前倒しできます。

詳細はこちら
導入事例とアーティクル

テクニカルアーティクルと導入事例の一覧

詳細情報
ODXソリューション

ベクターは、すべての診断関連の製品でODXに対応し、ODX診断データを簡単かつ効果的に活用できるようにします。

詳細はこちら
OBD

オンボード診断(OBD)のツールとサービス

詳細はこちら
プロセス指向アプローチ

CANdelaアプローチは、実際のさまざまな自動車開発プロジェクトにすでに用いられている、実績ある手法です。

詳細はこちら
Diagnostic Engineering Services

Services with comprehensive know-how in diagnostics.

More about Engineering Services