Vector News

バーチャルテストドライビングの標準規格

運転機能と車載ネットワークの複雑化に伴い、シミュレーションは機能の開発から妥当性確認に至る全体で標準的に使用されるようになりました。しかし、仮想的なテスト走行、すなわちバーチャルテストドライビングを、複数の分野をまたいで柔軟に、しかも継続的に使用できるようにするにはどうすればよいのでしょうか。システムインテグレーション、データ管理、テスト評価の各領域では、OpenDRIVE、OpenSCENARIO、OSI、FMI、MDFなどの標準規格が重要な基盤的役割を担っています。

続きはこちら

 

カテゴリ: DYNA4 | MDF