E/Eエンジニアリングにおけるプロダクトラインおよびバリアント管理

自動車業界の電気/電子(E/E)開発では現在、ほぼすべてにプロダクトラインのアプローチが使用されています。このアプローチはある特定の車両モデルだけでなく、多彩な駆動方式、ボディー、機器バリアントを持つ車両ファミリー全体を開発対象とするため、そういった開発対象、すなわちプロダクトラインを指して、「E/Eツールボックス」や「E/Eプラットフォーム」などと呼ぶことがよくあります。ここではそのようなタイプのE/Eプロダクトラインを始点とし、システムとコンポーネントをそれに割り振って、さまざまな車両モデルのバリアントに対応する必要があり、そのため効率的なバリアント管理が開発には不可欠です。

PREEvisionでは、要求、論理的な機能アーキテクチャー、ソフトウェアアーキテクチャー、ハードウェアアーキテクチャー、通信、ワイヤーハーネスといった異なる抽象化レベルでプロダクトラインをモデル化できます。プロダクトラインには、さまざまな製品、すなわちバリアントの設計要素がすべて含まれています。バリアントは所定の特徴を持つ製品であり、プロダクトラインが持つ全設計要素のサブセットです。

テクニカルアーティクルを読む

カテゴリ: PREEvision | AUTOSAR