サービス指向のソフトウェアアーキテクチャー: AUTOSAR Classic/Adaptiveシステムのギャップを埋める

AUTOSAR Adaptiveは、AUTOSAR Adaptiveに基づくハードウェアやソフトウェアを既存のAUTOSAR Classicシステムのコン ポーネントと円滑に連携させることができれば、問題なく導入できます。システム全体を異なるプラットフォーム間で最適な形に実装 することはE/E開発にとって次なる大きな課題の1つですが、これら2つの規格のギャップを埋めてくれるのがサービス指向アーキテ クチャーです。

自動運転やバックエンドシステムへの接続を始めとする自動車業界のトレンドには相当な演算能力と柔軟な通信コンセプトが必要です。スマートフォンや家庭用電子機器と同様に、ユーザー自身が車両へのアプリケーションのインストール、更新、拡張を行えなければなりません。この課題を解決するのがAUTOSARAdaptive Platformです。

テクニカルアーティクルを読む