「我々が従うもの、それは自動車のルールです」 - AUTOSARが直面する新たな課題

「結局のところ、コンピューターを集中化する流れは、AUTOSARの考え方をより高い抽象化レベルで延長したものに過ぎません」

 

AUTOSARの目的はECUを多数搭載した自動車の開発を簡素化することです。しかし、集中化が進む車両電気システムのアーキテクチャーや、AndroidやLinuxが引き起こす競争の中で、この標準規格は今後どのような役割を果たしていくのでしょうか。Markt&Technik 誌は、Vector Informatik社の組込ソフトウェアおよび組込システム責任者であるGünther Heling博士に、これらをテーマにお話を伺いました。

 

 

記事を読む