システム発行帳票類に対する押印省略について

ベクターでは、2019年7月22日より、弊社業務システムより自動発行される下記帳票類につきまして、社印、承認印、担当印の押印を省略させていただくことといたしました。帳票類は、弊社システムより自動発行を行い、弊社規定の承認規則に基づき決裁された帳票がお客様に送付されますので、正式な帳票としてお取り扱いいただけます。
なお、各帳票類のフッターには『本文書はシステム発行のため社印等の押印はありませんが、正式発行された文書であることを証します。』との文言を記載させていただいております。
つきましては、弊社都合によりお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

  • 適用開始
    2019年7月22日(月)
     
  • 対象帳票

    • 見積書
    • 受注確認書
    • 請求書

 

本件に関するお問い合わせは営業部までお願いいたします。