Vector News

ケーススタディ:WM Motor(中国)|MICROSAR.OTA

WM Motorは2015年に設立された中国の新興電気自動車会社で、上海に本社、成都、北京、ドイツに子会社を展開しています。

ベクター製品は主に2つの方法でソフトウェアの更新をサポートしています。1つは「保守時のソフトウェア更新」で、OBDのインターフェイスを介し、自動車メーカーの診断テスターによってソフトウェア更新を適用する方法です。そしてもう1つは「フィールドでのソフトウェア更新」、すなわちOTA (Over-The-Air) ソリューションです。

ケーススタディを読む