ケーススタディー:高電圧を伴う高速電力測定

中独学院(CDHK、同済大学)はドイツ学術交流会(DAAD)と同済大学の共同機関として設立されました。CDHKは産学連携では卓越した成功例の1つであり、20 社を超える著名な「Fortune 500」の企業が同校の寄付講座に出資しています。このような資金援助の結果、研究室、図書館、教室などでは第一級の優れた作業環境が整備されています。

Graphic high-voltage power measurements with high-speed

高電圧環境下の作業では、従来の測定デバイスを使用すると危険な場合があります。また、実績あるCAN測定技術のスピードでも、CDHKのMCU (Motor Control Unit) 開発に必要なデータの記録には対応しきれません。さらに、データの高速な取得とMCUパラメーターや車載ネットワークシグナルとの同期も非常に重要な問題です。

課題: 今日の電気自動車開発は、データ取得に関する新たな課題に直面しています。

ソリューション:オンラインでの測定データ取得とデータ解析に合わせて完璧にチューニングされた、測定モジュールとソフトウェアツールからなるツールチェーン

導入メリット: 極めて堅牢な車載測定モジュールを使用した、迅速、正確、柔軟な測定