導入事例
VTシステム、CANoe(株式会社SUBARU)

SUBARUがデジタルツイン環境にベクターのツール群を採用

~高速なFDX インターフェイスで外部HILS と連携~

株式会社SUBARU は、車両テストの効率化と新価値創造を目的に、デジタルツイン環境「IVX-D」を構築しました。実ECU、センサー、アクチュエータなど数百にも及ぶ部品で構成される「電子ベンチ」にベクターの「CANoe」や「VT システム」などを採用。
CANoeと外部HILSとの連携には、Ethernet(UDP)ベースで高速にやりとりできるベクターのFDX インターフェイスを選択し、デジタルツインとして高い応答性を得ています。

資料ダウンロード

本資料は以下のフォームよりご依頼ください。ご入力のEメールアドレス宛にダウンロードURLを送付させていただきます。
※ご入力いただいた連絡先に弊社よりご連絡させていただく場合がございます。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

関連トピック

はじめてのCANoe

CANoeに関する基礎知識と基本機能の使い方

詳細はこちら