J1939
商用車分野のネットワークと通信のためのオープンな標準規格

SAE J1939の概要

SAE J1939は、商用車分野のネットワークと通信のためのオープンな標準規格です。主にパワートレインのネットワークを対象に設計されています。

SAE J1939の特性は、メーカーをまたがる相互運用を考慮したネットワークおよび通信のためにCANを利用していることです。J1939プロトコルは、 SAE (Society of Automotive Engineers) によって提供されており、物理レイヤーにISO 11898準拠の高速CANを使用して動作します。

特長

  • 29ビットの拡張CAN-IDを使用
  • CAN伝送速度を200Kbit/秒と500Kbit/秒に標準化
  • ポイントツーポイントアドレッシング(ノードアドレッシング)とグローバルアドレッシング(メッセージアドレッシング)を使用
  • マルチパケットメッセージの使用により、最大1,785バイトを伝送可能
  • 独自のネットワークマネジメントによりバスアクセスを制御
  • 車両通信全体のための標準化されたメッセージ
  • メーカー固有のメッセージ定義が可能
  • 独自の診断インターフェイスを定義

コンソーシアムおよびその他の仕様

SAE J1939からはいくつかの標準規格が派生しています。これらの標準規格はJ1939のプロトコルの基本的な部分を使用しており、多くの場合はデータ定義と、必要に応じた物理レイヤーの適合の部分のみが異なります。

 

ISO 11783 – 農業/林業用のトラクターおよび作業機のシリアル制御および通信

Defines the communication in vehicles used for agriculture. Specifically, 農業に使用される車両の通信、具体的には、トラクターとそれに取り付ける作業機械、すなわちインプルメントの間の通信を定義します。ISO 11783標準規格は、たとえばバーチャルターミナルからの作業機械の制御など、アプリケーションレイヤーでのサービスを規定します。作業機械にはその制御に必要なあらゆるグラフィックエレメントが用意されていて、バーチャルターミナルにそれらを表示できます。その他のアプリケーションコンポーネントとしては、トラクターECU、タスクコントローラー、ファイルサーバー、シーケンス制御などがあります。ISO 11783標準規格は、SAE J1939用に定義されたマルチパケットプロトコルが拡張されています。また、トラクターや作業機を1つの要素として考えるワーキングセットのメカニズムも定義されています。

 

さらに表示

NMEA 2000® – 船舶用電子機器のためのシリアルデータネットワーキング

船舶の電子機器の通信プロトコルを定義します。マルチパケットプロトコルの拡張、Fast Packetプロトコルも使用されます。

 

さらに表示

ISO 11992 – 牽引車両と被牽引車両の間のデジタル情報の交換

牽引車両と被牽引車両の間の車両のメッセージ交換を規定します。ISO 11992はJ1939のメッセージ形式に基づくものの、使用する物理レイヤーの設定が異なっており、125Kbit/秒のみが使用されます。

さらに表示

FMS – フリート管理システム

FMS標準規格は、J1939ネットワークとFMSの間のゲートウェイを定義します。

 

さらに表示

J1939の文書構造

J1939は仕様全体がさまざまな文書と章に分かれています。これらの文書はいずれも、個別に、またはあらかじめパッケージとしてまとめられた形で、SAEのWebサイト、www.sae.orgからダウンロードできます。

 

現在入手可能な章および文書を以下の表に示します。

 

J1939 Top-Level Document
J1939
Describes the general standard as an overview
J1939 – 0x: Special Applications and Implementation Guidelines
J1939-05
Marine Stern Drive Engine On-Board-Diagnostics implementation guideline
J1939-03
On-Board-Diagnostics implementation guidelines
J1939-02
Agricultural communication
J1939-01
On-highway communication
J1939 – 8x: Network Management and Conformity
J1939-84
On-Board-Diagnostics conformity test for commercial vehicles
J1939-82
Conformity test for trucks and buses
J1939-81
Network management – Dynamic address assignment and device names
J1939 – 7x: Application
J1939-75
Application layer - Generators and electric drives
J1939-74
Application layer – Configurable messages
J1939-73
Diagnostic layer
J1939-71
Application layer (application descriptions and implementation aids)
J1939 – 3x: Bridge, Router, Gateway, Filter
J1939-31
Network layer (bridges, router, gateways)
J1939 – 2x: Data Link Layer
J1939-21
Data link layer (transport protocols, request, acknowledgement, etc.)
J1939 – 1x: Description of Physical Layer
J1939-15
Reduced physical layer, 250 kbit/s, twisted pair, unshielded
J1939-14
Physical layer, 500 kbit/s
J1939-13
Off-board diagnostic connector
J1939-11
Physical layer, 250 kbit/s, twisted pair, shielded
J1939 – Digital Annex
J1939-DA
Database excerpt (electronic table) with all application-relevant data descriptions (messages and signals, formerly in document J1939-71)

ベクター - J1939スペシャリスト

ベクターは、SAE J1939委員会のメンバーであり、ワークショップに定期的に参加しています。ベクターの専門技術とJ1939環境での数年に渡る経験から生まれた高性能な製品とサービスを利用することにより、困難な問題をより効率的で迅速にコストを抑えて解決することができます。

すべてのJ1939プロジェクトに対応する包括的なツールチェーンにより、ベクターはお客様に適切なソリューションをご提供します。

 

  • 対応するソフトウェアツール
  • 組込ソフトウェアコンポーネント
  • 個々の顧客サービスとお客様のニーズに合わせたトレーニング

     

関連情報

さらに表示

ベクターのナレッジベースでは、グローバルのお客様FAQを掲載しています。

 

さらに表示