テクノロジー: プロトコル

商用車には電子部品が幅広く使われており、部品どうしがネットワークでつながっています。そのオープンなプロトコルは、商用車向けのネットワークに関する特殊な要求事項を満たす必要があります。RS232/485関連のバスシステムの時代には、米国のSociety of Automotive Engineers(SAE)に加盟する自動車メーカーとサプライヤーが共同で、バスシステムの使用に関する標準規格を策定しました。その一例であるSAE J1708/J1587標準規格は、今でも診断分野で活躍しています。

 

現在最も広く利用されているプロトコルはSAE J1939です。これは、J1587標準規格をCANベースに発展させたものです。ほかにも注目すべき例として、特殊車両や建機の上部構造をネットワーク化するためのCANopenとISOBUSや、トラックとトレーラー間のインターフェイスを規定するISO11992が挙げられます。

一方、XCPプロトコル(XCP)は主にカーエレクトロニクス開発に利用されています。XCPは、2003年にASAM e.V.によって標準化されたネットワークプロトコルです(ASAM MCD-1 XCP)。XCPはパラメーターの調整(キャリブレーション)や電子制御装置のテストに用いられます。

SAE J1939

SAE J1939は、商用車分野でのネットワークと通信に関するオープンな規格です。主な適用分野はパワートレインネットワークです。

詳細はこちら

 

ISO11783

J1939をベースにしたISO 11783は、CANベースの通信でオープンネットワークを実現し、作業機械を農業分野で応用するための標準規格です。ISO 11783は、J1939と相性の良いプロトコルを持つCANベースのマルチマスターネットワークです。

 

詳細情報

SAE J1587

SAE J1708は、商用車産業で利用する双方向シリアルネットワークについて定めたものです。SAE J1587標準規格は、SAE J1708ネットワークをベースにして各種ECU間で行われる通信と標準データ交換方法について規定しています。

 

詳細情報

CANopen

CANopenの分野では、非常に難しい課題をより迅速に、かつ高い効率性と費用対効果で解決しなければなりません。ベクターはこの分野で培ってきた幅広いノウハウと長年の経験に基づいて、最新の製品とサービスを提供しています。

 

詳細情報

XCP

XCPを全製品でサポートすることにより、ベクターは開発プロセスのあらゆる場面でお客様に最適なソリューションを提供します。XCPプロジェクトをスピーディーに、しかも高い信頼性で完成させる―。お客様のそのプロセスを、先進的で高機能の開発ツール、ベーシックソフトウェア用の通信モジュール、ECUインターフェイス等によりサポートします。

 

詳細はこちら