LIN – Local Interconnect Network
センサーとアクチュエーターを持つコスト効果の高いシリアル通信システム

LINネットワーキングソリューション

ベクターは最も包括的なLINソリューションを提供します。

2000年以来、ベクターのLINツールチェーンは拡張を続けてきました。現在対応しているLIN仕様は、ISO 17987:2016、2.0 - 2.2(A)、1.3、およびSAE規格J2602です。設計、解析、テスト、診断、フラッシュから、ネットワークインターフェイス、組込ソフトウェア、少ロット対応のECUまで、幅広いポートフォリオを揃えています。

設計

ベクターのLINツールチェーンは、LINネットワークの設計、実装、テストを簡素化します。現在のLINネットワークとECUは、LDFデータベースに基づいて設計されています。LINマスターノードには、AUTOSARワークフローも適用可能です。

さらに表示
さらに表示
設計ツール
PREEvisionは、LINネットワーク/クラスターの設計を、通信も含めてサポートします。このモデルベースのエンジニアリング環境では、組込ソフトウェアシステムのサービス指向アーキテクチャーにも対応できます。
AUTOSAR ECUのソフトウェアコンポーネント(SWC)アーキテクチャーを設計するためのツールです。このツールを使用して、グラフィカルなインターフェイス設計の作成、ランナブルエンティティーによる内部動作の定義、SWC同士のリンクを行うことができます。
複数の通信システムをまたいだ残りのネットワークのシミュレーションを1つのツールで実施できます。

解析とテスト

LINはシングルワイヤーシステムです。このプロトコルには、専用のエラー通知メカニズムがありません。そのため、LINネットワークやECUを完全に保護するには解析ツールとテストツールが必要です。ベクターのLINツールチェーンには、LINプロトコルエラーを容易に認識・解釈できる解析機能と、あらゆる種類のLINエラーを発生できるテスト機能が備わっています。

The Vector toolchain for analysis and testing LIN ECUs and networks
ツール
CANalyzerは、直観的な操作でネットワーク通信の解析や刺激を実行できる包括的なソフトウェアツールです。このツールを利用すると、ネットワーク上で通信が発生しているかどうか、およびそれがどのようなタイプの通信であるかを確認できます。また、データの送信やログ記録も可能です。  オプションLINを利用すると、ネットワーク状態やプロトコルエラーをモニタリングし、わかりやすい方法で解釈することができます。LIN通信をさまざまなファイル形式で記録して、オフライン解析を行うこともできます。
CANoeは、単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツールです。車両設計からシステムレベルのテストまで、開発プロセス全体を通して、自動車メーカーおよびサプライヤーのネットワーク設計者、開発エンジニア、テストエンジニアを支援します。オプションLINにはLINマスターまたはLINスレーブノード(LINネットワークマネジメントを含む)のシミュレーション機能が備わっており、LDFファイルで容易に設定できます。統合されたLINスレーブコンフォーマンステスターは、ISO 17987:2016、2.0 - 2.2(A)、1.3およびJ2602対応のテストを生成します。
ハードウェア
VN1600ファミリー
VN1600インターフェイスファミリーは、LINやCAN(FD)ネットワークへ柔軟にアクセスできます。VN1611は2チャンネルで、コンパクトサイズと軽量が特長です。
VN1630A/VN1640Aは最大4チャンネルで、簡易的なI/OサポートとLINスレーブコンフォーマンステストに対応しています。さらに、VN1630 logにはログ記録機能が追加されています。
VN7572
VN7572は、PCIe経由でLIN、FlexRay、CAN FD、K-Lineにネットワーク接続するために多彩なチャンネルをサポートしています。そのため、ラボや開発者のワークステーションに最適なインターフェイスとなります。
VN8900ネットワークインターフェイスは、LIN、CAN FD、FlexRay、J1708、K-Lineなど、幅広いバスに対応したチャンネルを持つ、モジュラータイプのインターフェイスハードウェアです。特に、リアルタイム性や遅延時間に対する要求が高い複数のネットワークチャンネルやI/Oへの同時アクセス、スタンドアローン動作モードを重視しています。
VTシステム
効率的にECUとその機能テストを行うための、モジュール型のテスト環境を提供します。CANoeと併せて使用することにより、高性能で柔軟なテストソリューションとなります。

コンフォーマンステスト

CANoeを使用したスレーブECUのコンフォーマンステスト

How to setup LIN Slave Conformance Tests wihin just 5 steps - displayed with the help of screenshots

CANoeには、LINスレーブコンフォーマンステストが組み込まれています。LINスレーブコンフォーマンステストモジュールを利用すると、自社のテスト環境にコンフォーマンステストを直接統合できます。この特殊なテストモジュールは、LINスレーブコンフォーマンステスト(OSIレイヤー2および3)を含んでおり、ISO 17987:2016、LIN 2.2(A)/2.1、LIN 2.0、LIN 1.3、J2602に対応しています。

ベクターのテストハードウェアVH1150を利用するとテストを自動化できるため、テスト実行が簡素化されます。テストはブラックボックステストとして実行され、わずか5つのステップで簡単に設定できます。

Toolchain for LIN Slave Conformance Tests
ツール
CANoeは、単体ECUおよび車両ネットワーク全体の開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツールです。車両のプランニングからシステムレベルのテストまで、開発プロセス全体を通して、自動車メーカーおよびサプライヤーのネットワーク設計者、開発エンジニア、テストエンジニアを支援します。オプションLINにはLINマスターまたはLINスレーブノード(LINネットワークマネジメントを含む)のシミュレーション機能が備わっており、LDFファイルで容易に設定できます。統合されたLINスレーブコンフォーマンステスターは、ISO 17987:2016、2.0 - 2.2(A)、1.3およびJ2602対応のテストを生成します。
CANoe .Scope Vector Pico ScopeScope Bus Probeを含む) CANoe .Scopeは、高性能な2または4チャンネルUSBスコープハードウェアとベクターの標準ネットワークインターフェイスを組み合わせた統合型のオシロスコープソリューションです。USBスコープデバイスはネットワークインターフェイスとハードウェア同期されるため、すべてのスコープ測定値がCANoeと同じタイムベースになります。
オプションScopeを使用すれば、LINスレーブコンフォーマンステストの解析能力を高めることができます。テストケースが失敗した場合は、スコープのスクリーンショットが自動的にテストレポートに挿入されます。
ハードウェア
VN1600ファミリー VN1600インターフェイスファミリーは、LINやCAN(FD)ネットワークへ柔軟にアクセスできます。VN1630A/VN1640Aには、最大4チャンネルの I/OサポートとLINスレーブコンフォーマンステストに対応しています。
VH1150
VH1150はコンパクトなハードウェアデバイスで、LINスレーブコンフォーマンステストの自動化に利用できます。このデバイスは、CANoeのLINスレーブコンフォーマンステストモジュールによって制御されます。ハードウェアのリセットを実行し、ECU消費電流を測定することでスリープ/ウェイクアップ状態を検出します。
(詳細情報については、ベクターまでお問い合わせください。)

CANoeを使用したマスターECUのコンフォーマンステスト

ISO 17987:2016およびLIN 2.x準拠のLINマスターコンフォーマンステストは実行されることが少ないため、CANoe .LINには実装されていません。その理由は、アプリケーションを特定のテストを可能にする特殊なテストアプリケーションと交換する必要があるためです。したがって、LINマスタープロトコル機能はアプリケーションのテスト中にチェックされます。

LINマスターECUを正しく動作させるため、CANoeにはLINマスターの監視テストを作成できる各種機能が備わっています。たとえば、ヘッダータイム、ボーレート、スケジュールテーブルなどをモニタリングできます。CANoeには、LINマスターの監視テストの設定方法を示すサンプルコンフィギュレーションも含まれています。

診断とフラッシュ

LIN対応の車両診断をサポートしているソフトウェア製品は次のとおりです。

 

The Vector Toolchain for Diagnostics and Flashing via LIN
ツール
CANoeに含まれている診断機能セットを使用すると、UDS規格に従って診断通信を解析できます。CANoeは診断テスターとしても、またECUの診断機能シミュレーションにも使用できます。パラメーター設定には、ODXまたはCANdelaStudio記述ファイルを使用します。さらに、完全なOBD-IIテスター機能もCANoeに統合されています。
CANalyzerに含まれている診断機能セットを使用すると、UDS規格に従って診断通信を解析できます。CANalyzerはECU診断用の診断テスターとして使用できます。パラメーター設定には、ODXまたはCANdelaStudio記述ファイルを使用します。さらに、完全なOBD-IIテスター機能もCANalyzerに統合されています。
DiVaは、CANoeのオプション製品です。DiVaはCANoeの機能を拡張し、ECUの診断通信機能の評価を行うテストモジュールの自動生成と、その自動実行を可能にします。テストケースは診断記述ファイルに基づいて生成されます。
Indigoは、だれでも簡単に使用できる診断テスターです。通信に必要な多くの設定は自動で行われるので、面倒な通信プロトコルに悩まされることがありません。簡単な操作で車両全体の状態を一覧で確認、または、個別のECUの診断データを確認できます。
vFlash
vFlashは、複数のECUのリプログラミングにも対応した非常に使いやすいツールです。テンプレートを入れ替えることにより、さまざまな自動車メーカーのフラッシュ仕様に対応でき、すでに70種類以上のテンプレートをご用意しています。また、プラグインコンセプトを介して簡単に拡張することができます。
ハードウェア
VN1600ファミリー
VN1600インターフェイスファミリーは、LINやCAN(FD)ネットワークへ柔軟かつ高速にアクセスできます。VN1611は2チャンネルで、コンパクトサイズと軽量が特長です。VN1630A/VN1640Aは最大4チャンネルで、I/OサポートとLINスレーブコンフォーマンステストに対応しています。さらに、VN1630 logにはVN1630 logにはログ記録機能も追加されています。
VN7572
VN7572は、PCIe経由でLIN、FlexRay、CAN FD、K-Lineにネットワーク接続するための幅広いチャンネルをサポートしています。そのため、ラボや開発元のワークステーションに最適なインターフェイスとなります。
VN8810
VN8810は、コンパクトで高性能なスタンドアローン診断ハードウェアデバイスです。OBDソケットを介して車両へ簡単にアクセスすることができます。VN8810に送られたフラッシュパッケージまたはスクリプトは、スタンドアローンモードで自律的に実行されます。また、オプションでスマートフォンやタブレットから制御することもできます。さらに、VN8810はリモート診断時のアクセスポイントとしての役割も果たします。
組込ソフトウェア
CANbedded.LIN
CANbedded.LINは、LINマスターの通信タスク(診断要求をLINスレーブに送る、診断要求/応答でスケジュールテーブルを正確に切り替えるなど)を処理します。
LINスレーブの場合は、LINトランスポートプロトコル(Cooked)によって診断要求がアセンブルされ、診断アプリケーションに転送されます。
MICROSAR.LINは、LINマスターの通信タスク(診断要求をLINスレーブに送る、診断要求/応答でスケジュールテーブルを正確に切り替えるなど)を処理します。
Flash Bootloader
フラッシュブートローダー(FBL)は、ECUをすばやく効率的かつ安全にリプログラミングできるコンパクトな汎用ソリューションです。フラッシュブートローダーは自動車メーカー固有の各種バージョンがあり、さまざまなマイクロコントローラーに対応しています。

リアルタイムソリューション

ベクターは、複雑なネットワークのシミュレーションなどのリアルタイム性を重視するアプリケーション向けに、正確な時間動作が可能なソリューションを提供しています。

 

The Vector tool chain for Real-time behaviour of LIN networks and ECUs
ネットワークシミュレーション
開発/テストソフトウェア:
1つのツールで、ネットワーク上での残りのネットワークシミュレーションと、ECUおよびネットワーク全体のテストが可能です。CANのほか、LINやFlexRayなどにも対応する解析およびシミュレーション機能が備わっています。
CAPL-on-Board(VN1630AおよびVN1640A使用)
CAPLネットワークノードの特殊な実行モードです。これを使用することにより、リアルタイム性とパフォーマンスが求められるシミュレーションモデルを、ネットワークインターフェイス上(オンボード)で直接実行できます。
 
メリット:
  • ジッター低減/遅延時間の減少
  • PC使用率の低下
 
高性能のインターフェイス:VN8900ファミリーVT6000ファミリー
VN8900およびVT6000を利用したリアルタイムシステムは、以下の2つのコンポーネントから構成されます。
 
1.ユーザーPC
  • CANoeのグラフィカルユーザーインターフェイスを操作するためのフロントエンドとして使用
  • データやテスト結果を記録するためのホストとして使用
2.ランタイム環境用RTサーバー
  • 残りのネットワークシミュレーションと環境シミュレーションに使用
  • テストスクリプトの実行に使用

メリット:
  • ユーザーインターフェイスとシミュレーションの部分が独立しています。そのため、コンパイルやウィルスチェック、OutlookといったPCの他のタスクがネットワークシミュレーションや測定に悪影響を及ぼすことはありません。
  • モニタリング、ソフトリアルタイムシミュレーション、リアルタイムシミュレーションなどのユーザー定義の要件に基づき、システムのコンフィギュレーションを簡単に拡張できます。
  • 同一のモデルをリアルタイム環境と従来型の環境の両方で実行できます
  • モデルをより精度が高く、よりジッターが少ない、すなわち、より正確なリアルタイム環境で実行できます
  • ワークフローはCANoeの標準のワークフローと同じです
 

ハードウェア

ネットワークインターフェイス

VN1600 - Flexible, Cost-efficient Bus Interfaces with USB Interface for CAN, CAN FD, LIN, K-Line, J1708 and IO
[Translate to 日本語:]
ハードウェア 説明 PCとの接続形態 ネットワーク
VN1600ファミリー
VN1600インターフェイスファミリーは、LINやCAN(FD)ネットワークへ柔軟にアクセスできます。VN1611は2チャンネルで、コンパクトサイズと軽量が特長です。VN1630A/VN1640Aは最大4チャンネルで、I/OサポートとLINスレーブコンフォーマンステストが備わっています。さらに、VN1630 logにはログ記録機能も追加されています。
USB
LIN、CAN/CAN FD、J1708
VN7572
VN7572は、PCIe経由でLIN、FlexRay、CAN FD、K-Lineにネットワーク接続するための幅広いチャンネルをサポートしています。そのため、ラボや開発元のワークステーションに最適なインターフェイスとなります。
PCIe
LIN、CAN/CAN FD、FlexRay、J1708
VN8900ファミリー
VN8900ネットワークインターフェイスは、LIN、CAN FD、FlexRay、J1708、K-Lineなど、幅広いバスに対応したチャンネルを持つ、モジュラータイプのインターフェイスハードウェアです。特に、リアルタイム性や遅延時間に対する要求が高い複数のネットワークチャンネルやI/Oへの同時アクセス、スタンドアローン動作モードを重視しています。
USB (RT PC)
LIN、CAN/CAN FD、FlexRay、J1708
ベクターのネットワークインターフェイスは、入れ替え可能なバストランシーバーを使って各ネットワークシステムに柔軟に接続することができます。
 
LIN、CAN/CAN FD、FlexRay、J1708

ロギングハードウェア

ハードウェア  説明 ネットワーク
GLロガーファミリー
GLロガーは、テスト走行中やテストベンチ上の車両内で使用する特殊な自動車用データレコーダーです。測定値を記録し、CAN、LIN、FlexRay、MOST150ネットワークシステムのデータ通信情報を取得します。
バス通信と併せて、デジタル/アナログ入力の測定値のほか、CCP/XCPおよび診断機能を介したECU内部パラメーターなども時間同期して記録できます。
LIN、CAN (FD)、FlexRay、MOST

USBオシロスコープ

ハードウェア/ツールの組合せ 説明 ネットワーク
CANoe .ScopeCANalyzer .ScopeVector Pico ScopeScope Bus Probeを含む)
CANoe/CANalyzer .Scopeは、USBオシロスコープハードウェアと、ネットワーク通信をビット精度で解析するためのソフトウェアを組み合わせたものです。USBスコープデバイスはネットワークインターフェイスとハードウェア同期されるため、すべてのスコープ測定値がCANoe/CANalyzerと同じタイムベースになります。  LIN、CAN/CAN FD、FlexRay

スレーブコンフォーマンステストハードウェア

ハードウェア
説明
VH1150
VH1150はコンパクトなハードウェアデバイスで、LINスレーブコンフォーマンステストの自動化に利用できます。このデバイスは、CANoeのLINスレーブコンフォーマンステストモジュールによって制御されます。ハードウェアのリセットを実行し、ECU消費電流を測定することでスリープ/ウェイクアップ状態を検出します。
(詳細情報については、ベクターまでお問い合わせください。)

組込ソフトウェア

MICROSAR.LIN – LIN通信用AUTOSARベーシックソフトウェアモジュール

MICROSAR.LIN - AUTOSAR Basic Software Modules for LIN Communication

MICROSAR.LINはAUTOSAR ECU用の組込ソフトウェアで、MICROSAR製品の一部です。LINマスターECUに使用できます。

MICROSAR.LINには、AUTOSARアーキテクチャーに定義されているLIN通信用のベーシックソフトウェアモジュールLINIF、LINTP、LINSM、LINNMが含まれています。AUTOSARに基づき、LINTPはLINIFの1コンポーネントになっています。LIN通信スタックの中にはトランスポートプロトコルを必要としないものもあるため、LINTPモジュールはオプションとして提供されています。ソフトウェアはASIL Dまでの機能安全要求に対応しています。ASAMの拡張として、MICROSAR.LINマスター用のXCPも使用可能です。

CANbedded LIN – 自動車メーカー固有の組込ソフトウェアコンポーネント

CANbedded LIN通信はLIN通信スタックであり、LINマスターおよびLINスレーブECU用の標準ソフトウェアコンポーネントで構成されています。現在対応しているLIN仕様は、ISO 17987:2016、2.0 - 2.2(A)、1.3、およびJ2602です。リソース要求を減らすため、コードサイズと実行時間に応じて各コンポーネントが最適化されます。LINスレーブノードでは、ASIL AおよびASIL Bの機能安全要求にこのソフトウェアを使用できます。

CANbedded LIN通信は15年以上の実績があり、100件余りのプロジェクトで実証されています。ハードウェアとコンパイラーの組合せは50通り以上サポートされており、ご要望に応じてその他の組合せにも対応いたします。

少ロット対応の汎用ECU

ベクターのコントローラーは、車両通信に使用する汎用ECUです。数量1個からの少ロット生産のほか、開発サンプルやプロトタイピングプラットフォームにも最適です。これらのECUは幅広いアプリケーションに対応します。お客様は製品ファミリーのスケールアップやソフトウェア環境の適合などのニーズに応じて、最適なソリューションを入手できます。

自動車用製品ファミリーのベクターコントローラーは、12V電源系での使用を前提としており、お客様が目指す、ゲートウェイからドメインコントローラーに至る幅広いユースケースに最適です。すべてのECUにはLINインターフェイスが組み込まれています。

LIN仕様のダウンロード

LIN Steering GroupによるLIN仕様2.2Aが完成しました。最新のLIN仕様はISO 17987:2016 Part 1-7で、ISOおよびパートナーから正式に公開されています。

LINサプライヤーIDのメンテナンスはCiA(CAN in Automation)によって行われています。headquarters@can-cia.orgまでメールでお問い合わせください。

 

トレーニング

ベクター・ジャパンでは、ベクターのソフトウェアツール、ソフトウェアコンポーネント、最新のバステクノロジーやプロトコルに関する日本語のトレーニングを多数開催しております。トレーニングの概要につきましては、トレーニングポータルにてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

Eラーニング「LIN入門」

LIN (Local Interconnect Network) は自動車内で特にコストを重視するアプリケーションのデータ通信用のシリアル通信技術です。
このEラーニングモジュールはLIN通信技術の理解を深めたい全ての方を対象としています。

このEラーニングモジュールはベクタージャパンで実施しているLINベーシックトレーニングに参加予定の方にとって理想的です。 これはトレーニング受講前にLINネットワークのデータ通信の基本的な特性について学ぶことが出来る。 これはトレーニングの事前準備だけでなく、トレーニングでは、このEラーニングで学んだ内容も取り上げるので、ここで学んだ事を補強出来ます。