データ通信用車載ネットワーク

車載ネットワークは、乗用車、バス、列車、産業車両、農業車両、航空機の内部コンポーネントを相互に接続する、内部通信ネットワークに特化されており、車両制御にはメッセージ配信、コンフリクトのないメッセージ、最小時間での配信、低コスト、耐ノイズ性能や、ルーティングの冗長性といった特殊な要求が存在します。そのため、使用されるネットワークプロトコルは一般に馴染みのないものになりがちです。

プロトコルにはCAN (Controller Area Network)、LIN (Local Interconnect Network)、MOST (Media Oriented System Transport)、FlexRayなどがありますが、今日では、EthernetやTCP/IPといった従来のコンピューターネットワークテクノロジーも自動車産業での地位を確立するようになりました。航空機向けには、ベクターはAFDX®およびARINC 429向けの製品を提供しています。

車載Ethernet

Ethernetは、自動運転、先進運転支援システム(ADAS)、インフォテインメント、データバックボーンなど、大容量データの伝送が必要なさまざまなユースケースで車両に搭載されています。その他にも、Ethernetは測定およびキャリブレーション、DoIPによる診断、電気自動車と充電インフラストラクチャー間の通信などに使用されています。

 

詳細はこちら

CAN / CAN FD

CANテクノロジーは自動車、産業用オートメーション、航空宇宙の各分野で使用されていますが、一方で自動車メーカーやサプライヤーはさまざまな難題に直 面しています。ベクターはプロフェッショナルなツール、ベーシックソフトウェア、そしてサービスを通じて、皆様をサポートします。

 

詳細はこちら

FlexRay

FlexRayは柔軟性に富んだ高速通信システムで、自動車の厳しい安全設計要件を満たしています。FlexRayは次のようなアプリケーションのソリューションとして最適です。

  • ゲートウェイを使用して他のバス(CAN、LIN、MOST)に接続されるFlexRayベースの「データバックボーン」
  • 様々なECU間での計算が必要な分散型制御システム(パワートレインおよびシャーシなど)
  • セーフティークリティカル(Safety-Critical)アプリケーション(X-by-Wire)

 

詳細はこちら

LIN

LIN (Local Interconnect Network) は、電子化されたセンサーとアクチュエーターを持つECUを接続するためのコスト効果の高いシリアル通信システムです。車載ネットワークでは、LINは快適性の機能分野で主に使用されています。 ベクターは、2000年以降LINの製品ラインを増やし続け、SAE-standard J2602も支援しています。ベクターは、お客様に最も包括的なLINソリューションを提供します。

 

詳細はこちら

MOST

MOST (Media Oriented System Transport) は、光ファイバーケーブルを介してオーディオ、ビデオ、コントロールデータを通信するシリアル通信システムです。同期データ通信に基づいた、多機能、なお かつ高パフォーマンスなマルチメディアネットワークテクノロジーを扱うには、専用ソフトウェア ツールとハードウェアインターフェイスが必要になります。

 

詳細はこちら

アビオニクスネットワーク

航空機では、多様な通信ネットワークがギャレー制御、客室管理、マルチメディアといった飛行に関係しないデータの交換に使用されています。特に重要なバスシステムとしてはCAN、CAN FD、ARINC 429、ARINC 825、AFDX、Ethernet、CANopenが挙げられます。ベクターはE/Eアーキテクチャー、バス通信のモニタリングおよび解析のためのツールと、テスト用のツールおよびハードウェアに重点的に取り組んでいます。