アビオニクス向けソリューション
開発およびテスト用ツール

航空宇宙電子ネットワークのためのソリューション

航空宇宙分野におけるエレクトロニクスやソフトウェアの重要性は根本的な変化を遂げました。今や列線交換ユニット(LRU)のネットワークは航空宇宙分野の電子機器にとって欠かせないものとなっています。以前は航空機に搭載されるLRUはごくわずかでしたが、電子機器ベースのイノベーションが急速に進み、ソフトウェア機能の共有と機能の統合が広く行われるようになったのです。このような複雑化に伴い、広範で再現性があり、しかも有効なテストは、LRUおよびシステム開発のあらゆるフェーズでかつてないほど重要なものとなっています。

 

ベクターは航空宇宙電子ネットワークのためのソリューションを通じて、開発者やテストエンジニアが対面するこれらの複雑さの簡素化を図っており、E/Eアーキテクチャー、バス通信のモニタリングおよび解析のためのツールと、ソフトウェアおよびシステムのテスト用ツールに重点的に取り組んでいます。

お問い合わせ

このソリューションに関するお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

関連ページ

ネットワークインターフェイス

CAN、CAN FD、LIN、J1708、Ehernet/IP、FlexRay、802.11pおよびMOST用バスシステム

詳細はこちら
テスト分野

ベクターのテスト分野ツールを使用して、シミュレーション環境とテスト環境を包括的に実装できます。

詳細はこちら

適用分野

ベクターは航空機メーカーおよびサプライヤーに対して、組込システムを開発およびテストするためのツールと、プロフェッショナルかつオープンな開発プラットフォームを提供しています。中でも特に、以下の4つの適用分野にフォーカスしています。

  • ソフトウェアテスト
    アビオニクスシステムのソフトウェア開発に際し、DO178CおよびDO330に準拠したテストアクティビティーをライフサイクル全体を通して自動化
  • システムテスト
    バスシステム(CAN/ARINC 825、ARINC 429、Ethernet)やI/O(アナログおよびデジタル)に対する並行アクセスを含むSILシミュレーションやHILテストを伴う開発を実現
  • フィールドテスト
    LRUおよびサブシステムのモバイルテスト、障害探索および解析を、プロトコルおよび物理レイヤーレベルで実施
  • ネットワーク解析および刺激
    アビオニクスデータのバス通信に対する刺激および補完に加え、バスデータを簡単に監視、解析、ロギング

ソフトウェアテスト

VectorCAST

ソフトウェア開発のライフサイクルを通してテストを自動化

組込ソフトウェア用テストプラットフォームであるVectorCASTは、ソフトウェア開発のライフサイクル全体にわたってテスト作業を自動化する製品ファミリーです。

適用分野:

システムテスト

CAN、AFDX®、ARINC 429のための開発、ネットワーク解析、テスト

CANoeは、ネットワーク全体と個別LRUの開発、テスト、解析のための包括的なソフトウェアツールです。これによって、開発プロセス全体がサポートされます。装備されている多彩な機能を通じ、トラブルシューティング、通信解析、バス通信への刺激、そして手動ならびに自動テストを最適な形で行うことができます。

航空宇宙向けCANoeオプション:

 

(AFDX®はAirbusの登録商標です。)

さらに表示

モジュール式テストハードウェア

LRUを徹底的にテストするには、通信ネットワークだけでなく、I/Oインターフェイスもテストシステムに接続する必要があります。
 
このタスクをベクターのVTシステムで行うことができます。VTシステムは、個々のI/Oチャンネルの接続に必要なすべての回路素子を1つのモジュール内に統合することにより、テストベンチとHILテストシステムのセットアップを大幅に簡素化します。このようなI/Oチャンネルの例として、読書灯を動作させるためのLRUの出力や、液面センサーを接続するためのLRUへの入力などが挙げられます。

さらに表示

組込システムのための自動テストシーケンス設計容易化ツール

vTESTstudioは自動LRUテスト作成のための強力な開発環境です。テスト設計の効率を向上させ、再利用を簡単に行うため、vTESTstudioにはプログラミングベース、テーブルベース、さらにグラフィック表記を使ってテストシーケンスを作成する機能が装備されています。

vTESTstudioはモデルテストからシステムの妥当性確認まで、あらゆる製品開発フェーズで使用することができます。オープンインターフェイスにより、vTESTstudioは既存のツールに簡単に組み込むことができます。

さらに表示

フィールドテスト

CAN (ARINC 825)、ARINC 429、AFDX®、Ethernetに対応するネットワークインターフェイス

開発、シミュレーション、テスト、分散システムのメンテナンスに使用されるソフトウェアツールには、高性能でフレキシブルなハードウェアインターフェイスが必要です。

ベクターは、CANおよびEthernet用のハードウェアインターフェイスだけでなく、ベクターのソフトウェアツールやお客様固有のソリューションで使用するために必要なドライバーソフトウェアおよびプログラミングインターフェイスを提供しています。

バスシステム
インターフェイス
PCとの接続形態
CAN (ARINC 825) VN1530/VN1531 PCIe
USB
VN8900 USB (RT PC) またはEthernet
CANboardXL PCI
CANboardXL PCIe PCIe
CANboardXL pxi PXI
AFDX®/EthernetおよびCAN VN5610A USB
ARINC 429(アビオニクスシステム) VN0601 USB

 

ロギング、測定および制御、テスト、解析に関する情報

さらに表示

CANoeの測定用オプション

オプションScopeは、USB接続オシロスコープハードウェアを使用した、CANoe用のオシロスコープ統合ソリューションです。対応するハードウェアは、例としてCAN (FD)x2またはLIN/IOx4用に最大4つの入力チャンネルを装備し、ベクターのインターフェイスハードウェアのsyncラインを使用してトリガーされます。バス固有のトリガー条件設定やCANoeとの時間同期を用いることで、従来のオシロスコープに比べ、短い時間でプロトコルエラーの原因を特定できます。

オシロスコープハードウェア:

  • USB 3.0対応オシロスコープPicoScope 5444D-034
  • 512MSのスコープバッファー
  • 最大1GS/秒のサンプリングレート(1チャンネル)
  • 2チャンネル(CAN_H、CAN_Lなど)では500MS/秒のサンプリングレート
  • 4系統のバスシグナル入力チャンネル(CAN/CAN FD/FlexRay x 2またはLIN x 4)
  • Vector Scope Bus Probeを通じてD-SUBコネクターとバス接続
  • ベクターインターフェイスのsyncラインに接続する外部トリガー用の入力

トリガーはベクターインターフェイスハードウェアにScope Trigger Cable経由で接続

さらに表示

CAN (FD) ネットワーク対応の正確かつ再現可能な妨害発生ツール

VH6501は、CAN (FD) 用の妨害発生ツールとCANoe用のネットワークインターフェイスが一体化した、コンパクトながら多機能なデバイスです。

特に、妨害ハードウェアとネットワークインターフェイスを組み合わせたことで、CAN FDのコンフォーマンステストのテスト設定が大幅に簡素化し、追加のネットワークインターフェイスや専用のケーブルが不要になりました。

さらに表示

ネットワーク解析および刺激

CAN、AFDX®、ARINC 429のための包括的なネットワーク解析および刺激

CANalyzerは、バス通信の解析および刺激を直観的に行うことのできる包括的なソフトウェアツールです。CANalyzerを使用して、バス上で通信が行われているか、また行われている場合はその通信内容を調べることができます。また、データの送信やログの記録もできます。CANalyzerは、初心者には強力なベーシック機能、上級ユーザーには豊富な詳細機能を提供しているため、あらゆる用途に対応しています。

航空宇宙向けCANalyzerオプション

さらに表示

サポートされているバスシステムとプロトコル:

  • CAN、CAN FD
  • AFDX®/ARINC 664
  • ARINC 429
  • ARINC 825
  • Ethernet
  • CANopen
さらに表示

トレンド

都市航空交通システム

近年、テクノロジーの牽引役として、またイノベーションに関わるトピックとして、最もエキサイティングなものの1つに成長したのが都市航空交通です。

電気自動車、自律車両制御、5G通信ネットワーク、カーシェアリングサービスといった分野の爆発的な発展と、ロサンゼルス、上海、ロンドンといった大都市圏での都市化の進展および人口密度の上昇を契機として、第3の次元を取り入れた新たな都市交通の概念が生まれました。

現在では、世界で50を超える企業が都市航空交通向けの新しい電気自動車の開発を行っており、AirbusやBoeingなどの業界大手のほか、Volocopter、Lilium、Kitty Hawk、Ehangといった新興企業が、独自の設計を売り物に、続々とこの市場に参入しています。

それぞれのビジネスモデルにとって戦略上重要なのは、それに適した技術的なコンセプトを見つけることです。たとえば、移動距離が最大50kmの都市エアタクシーに求められる安全性、騒音、排出ガス、性能などの要求は、移動距離が100kmの大都市圏のシャトルサービスや、移動距離が400kmに及ぶ都市間フライト用飛行機のそれとはまったく異なります。

エアタクシーを円滑に導入するためには、その他にも適切なインフラストラクチャーや、乗客の理解などの因子が重要になります。たとえば、都市内の他の輸送サービスのモビリティーとの連携を図るには、適切な垂直離着陸用飛行場が市内に整備されていなければなりませんし、それらの接続をコストや移動時間の点で真に競争力のあるものにするには、適切なルートと効率的な航空交通管理の導入は必須です。そしてそのようなE-モビリティーには、十分な充電ポートが必要です。突き詰めれば、乗客にサービスを利用してもらうことが必要であり、そのためには安全性、快適性、チケット料金、接続の統合などが決定的に重要なポイントになります。

ベクターは、自動操縦やパイロット支援システムなどの、安全を最重視するシステムの開発およびテストにおいて、長い経験と高い技術を備えています。そのためそれらを目的としたテスト/開発ツールが、電動航空機分野のイノベーションを進める多くのリーダー企業の間で既に使われています。

ノウハウ

さらに表示

(copy 10)

さらに表示

 

さらに表示

ダウンロード

 

さらに表示

 

さらに表示

(copy 12)

さらに表示