Car2x / V2Xのためのソリューション

Car2xはさまざまな研究開発活動に対する総称的な概念です。それらにはモビリティーの安全強化、交通効率の向上、そして利便性に対するニーズの充足という共通の目的があります。Car2xが研究対象とするのは、車両と車両、または車両とインフラストラクチャーの間の通信によって改善が期待できる機能、あるいは本質的にそのような通信によってのみ実現が可能な機能であり、そのようなものの例として、交差点での衝突事故防止支援システムや交通渋滞警報システムなどが挙げられます。

Car2xはしばしばCar2CarとCar2Infrastructureに分類され、後者はさらにCar2Roadside、 Car2Service、Car2Homeおよびその他に分けられます。Car2xとV2Xには、V2V (Vehicle to Vehicle)、V2I (Vehicle to Infrastructure)、IntelliDrive、ConnectedVehicleなどの別名があるほか、さらに広い意味ではITS (Intelligent Transport System) という呼び方もあります。

 

自動車産業のチャレンジ

次のような理由から、Car2xシステムの開発には独自の難しさがあります。

 

  • IEEE 802.11pなどの新しいテクノロジー
  • 多様なテクノロジー(無線、検出範囲が異なる各種レーダーシステム、レーザースキャナー、画像処理システムなど)の併用とデータの融合
  • 相互運用性: 国際的な標準規格に基づく、自動車メーカーの枠を越えた統一化
  • 複雑なシステム導入計画
  • 極めて動的なネットワークにおける位置データと共通の時間軸での処理
  • 署名に基づく、暗号化された通信
  • 複雑なデータ構造とオプションの要素を持つ、コード化されたアプリケーションメッセージ