CANoeツール連携
ベクターのADAS開発ソリューション

CANoeツール連携の概要

ECU・車両ネットワークのシミュレーション、テストツールであるCANoeは、さまざまなツールと連携できるオープンなインターフェイスです。以下のようなADAS開発向けツールと連携して、より効率的なADAS開発を支援します。

画像:CANoeツール連携

連携インターフェイス

  • MATLAB IF
    CANoeが標準提供する「CANoe MATLAB IF」を使用し、CANoe I/Oブロックセットを介したSimulinkモデルから車両ネットワークデータへのアクセスが容易に可能。さらに、SimulinkとCANoeのコ・ シミュレーション実行や、コード生成 + DLL化したSimulinkモデルをCANoeプロセス上へ割り付け、CANoe単独で実行するHILモード実行に対応
  • FDX
    外部アプリケーションからCANoeの制御やCANoeが扱うバス信号や変数へのアクセスを高速に実現可能とさせる、UDPベースのベクターオリジナルFast Date eXchange (FDX)プロトコル
  • COM/.NET
    CANoeが提供するCOM Interfaceを使用し、外部アプリケーションからCANoe制御が可能

ユースケース

CANoeとADAS向けツールの連携

画像:ツールの連携例-1

MathWorks社「MATLAB® / Simulink®

CANoe MATLAB IFにより、車両ネットワークシステム開発におけるMBDを支援


参考動画:
CANoeシミュレーション環境へのSimulinkモデルのインテグレーション

連携ツール
MATLAB IF
     

さらに表示
画像:ツールの連携例-2

TASS International社「PreScan」

PreScanが提供する外界環境・センサーモデルを活用し、机上でのADASロジック評価が可能

連携ツール
MATLAB IF
FDX FMI  

さらに表示
画像:ツールの連携例-3

VMC社「CarSIM®」

車両ダイナミクスのシミュレーションを、さまざまなCANoeの利用環境に合わせて実行可能


参考動画:
CANoe-Simulink連携

連携ツール
MATLAB IF
FDX FMI  

さらに表示
画像:ツールの連携例-4

IPG Automotive社「CarMaker®」

車両ダイナミクスを、FMIを介したCANoeとのコ・シミュレーションで実行可能


参考動画(英語版のみ):
CANoe and CarMaker - Connect Both Tools with FMI

連携ツール
  FDX FMI  

さらに表示
画像:ツールの連携例-4

IPG Automotive社「CarMaker®」

車両ダイナミクスを、FMIを介したCANoeとのコ・シミュレーションで実行可能


参考動画(英語版のみ):
CANoe and CarMaker - Connect Both Tools with FMI

連携ツール
  FDX FMI  

さらに表示

IPG Automotive社「CarMaker®」

車両ダイナミクスを、FMIを介したCANoeとのコ・シミュレーションで実行可能


参考動画(英語版のみ):
CANoe and CarMaker - Connect Both Tools with FMI

連携ツール
  FDX FMI  

さらに表示

IPG Automotive社「CarMaker®」

車両ダイナミクスを、FMIを介したCANoeとのコ・シミュレーションで実行可能


参考動画(英語版のみ):
CANoe and CarMaker - Connect Both Tools with FMI

連携ツール
  FDX FMI  

さらに表示