プロジェクトをスピーディーに軌道に乗せるために

自動運転の実現には、周辺環境を自ら検知し、人間が関与せずとも目的地に到達できる車両が必要です。自動運転車両は、レーダーやレーザー光、GPS、オドメトリー、コンピュータービジョンなど、さまざまな手法を使用して周囲の状況を検知します。

自動運転車両は先進的な制御システムでセンサーからの情報を解釈し、障害物や標識を識別するだけでなく、適切な走行経路も割り出します。センサーデータを解析して路上の他の車両を判別できる制御システムは、目的地への経路プランニングに非常に役立ちます。