はじめての単体テスト
単体テストの基本をわかりやすく説明

はじめての単体テスト

画像:はじめての単体テスト表紙

組み込み機器に搭載されるソフトウェアが増加し、ハードウェアベースのテストが主流であった時代に比べて、ソフトウェアベースのテスト比重が大きくなってきています。このような状況から、より効率的なテストを行うことが重要となっており、ソフトウェアテストの在り方について考え直す企業が多くなっています。
この資料では、ソフトウェアベーステストの第一ステップである単体テストとはどういうものか、単体テストの効率化のためにはどういったことが必要かという点についてご紹介します。
※Japanese version only

資料ダウンロード

本資料は以下のフォームよりご依頼ください。ご入力のEメールアドレス宛にダウンロードURLを送付させていただきます。
※ご入力いただいた連絡先に弊社よりご連絡させていただく場合がございます。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

関連トピック

ソフトウェア開発のライフサイクルを通してテスト作業を自動化

VectorCASTはC言語、C++に対応した組込の単体テストを自動化するための単体テストツールです。

詳細はこちら
導入事例|VectorCAST(日本精機株式会社)

フルグラフィッククラスター制御の単体テストにVectorCASTを採用

詳細はこちら
ホワイトペーパー|組込ソフトウェア開発を効率化する変更ベーステスト

VectorCASTのホワイトペーパー「組込ソフトウェア開発を効率化する変更ベーステスト」をダウンロードいただけます。

詳細はこちら
ホワイトペーパー|医療機器のテスト

世界的な医療機器/医療用品メーカーのお客様との間で先日完了したサービス案件について詳しく説明します。

詳細はこちら
ホワイトペーパー|バグの修正および防止コストの定量化

このホワイトペーパーでは、テストの効率向上に使用できる手法を取り上げます。

詳細はこちら