PREEvision - 拡大した設計領域を使いこなす:現代のE/Eアーキテクチャに求められる車両機能のモデルベース開発

今日のE/Eアーキテクチャは、多くの点でこれまでのアーキテクチャとは異なります。車両の内部には、リソースの限られた従来型のECUに加えて、非常に高い演算能力を持つ高性能コンピューターなどのツールが搭載されています。しかも、そのE/Eアーキテクチャは車両の枠を超え、ITバックエンドやモバイル端末にまで拡大しています。そこでは実績あるAUTOSAR Classicソフトウェアプラットフォームはもちろん、AUTOSAR Adaptiveをはじめとするその他のソフトウェアプラットフォームも使用されているはずです。システムや機能の設計担当者も、これまでとは違って、極めて高いレベルにまで拡大した設計領域にアクセスできます。問題は、どうすればこの新たな自由度を生かして、より顧客価値の高い車両機能を開発できるか、そして、進む複雑化に対処できるかです。

タイプ : テクニカルアーティクル
ファイルサイズ : 2.50 MB
MD5 hash : 1ba53502a3b02df8f6453f0b260fbabf
ダウンロードする 前のページ