車載通信システムが迎える大きな変化 - CAN XLがEthernetとのシームレスな連携基盤を提供

CAN XLはCAN FDの市場投入からわずか数年で始動した新しいCANバリアントですが、今一つそのポテンシャルを信じきれないという声もしばしば聞かれます。実は、CAN XLを後押ししているのは、電子部品サプライヤーのマーケティング戦略というより、むしろカーエレクトロニクスにおけるここ数年のダイナミックな発展なのです。特にIPテクノロジーを採用した車載Ethernetの出現はいくつかの事柄を根本的に変えつつあり、今、車両には、サービス指向通信がシグナルベース通信と並行して定着しようとしています。このような状況の中で、CAN XLはIPテクノロジーと従来のシグナルベース通信との効率的な連携を可能にする基盤を提供し、CAN FDと100Mbit Ethernet (100BASE-T1) の間のギャップを、最大10Mbit/秒のデータ転送速度で埋めてくれます。

ファイルサイズ : 1.65 MB
MD5 hash : 0438aba075d8b34cfa64b3a9d7e28237
ダウンロードする 前のページ