HSMによるAUTOSAR ECUの最適な保護

安全な車両E/Eアーキテクチャーの開発では、複雑な暗号演算が第一に求められますが、半導体メーカーではこれへの対応として、暗号演算を高速化し、HTA(ハードウェアトラストアンカー)として機能するHSM (Hardware Security Module) をマイクロコントローラーに組み込んでおり、これが信頼できる暗号演算のソースとして利用されます。こういったHSMを使用するには、AUTOSAR ECUプロジェクトでシームレスに使用でき、標準インターフェイスを使用して安全に操作できるファームウェアが必要です。

ファイルサイズ : 259.16 KB
MD5 hash : e0ceec1dba20c82c8a8cb6fd53c2542c
ダウンロードする 前のページ