CANapeとVX1000を用いたモデルベース開発における開発効率化

タイプ : 導入事例
ファイルサイズ : 349.62 KB
MD5 hash : 6cfa197b6590283452780820513f2134

モデルベース開発を効率的に進めるにはツールチェーンの構築がポイントのひとつに挙げられます。モデルベース開発に積極的に取り組むアイシン精機株式会社(以下、アイシン精機)は、サスペンションシステムの ECU開発および測定・キャリブレーションツール環境を、それまでの内製ツールから、ベクター「CANape」と「VX1000」の組み合わせに刷新し、約30%の開発効率の向上を実現するとともにモデルベース開発でのツールチェーンを強化しました。

ダウンロードする 前のページ