ボトムアップアプローチによるAUTOSAR適用

ECUのグローバルサプライヤーの一社である日立オートモティブシステムズ株式会社は、ECU開発を効率化する日立標準プラットフォームおよび開発スキームを確立しました。AUTOSARをベースにしながら、既存アプリケーションを RTE上で実行する独自のミドルウェアを組み合わせることで、既存資産の有効活用とAUTOSARへの適用を両立したのが特長です。ベクターは AUTOSARのBSWとして実績の豊富なMICROSAR」を提供するとともに、同社の標準プラットフォーム開発にあたってさまざまな協力を行いました。

ファイルサイズ : 1,002.91 KB
MD5 hash : 343c4f067ac21d487dc4d2e5ead77681
ダウンロードする 前のページ